モトクロッサーは、これまで様々な進化を遂げてきた。シングルサスに、水冷化、アルミフレームに、インジェクション…時代の節目は、ある意味そういったビッグイシューによって語られることが多かっただろう。でも、この北米発表されたCRF450Rは「新しい」機構はないが、もしかするとモトクロッサーの一つの節目になるかも…しれない。

画像1: “まったく別物” 21モデルのCRF450Rが、変わりすぎな件。なんだこの圧倒的スリム感
画像2: “まったく別物” 21モデルのCRF450Rが、変わりすぎな件。なんだこの圧倒的スリム感
画像3: “まったく別物” 21モデルのCRF450Rが、変わりすぎな件。なんだこの圧倒的スリム感

Honda
CRF450R MY2021

すでに、じつはOff1としてこの形のCRF450Rを掲載するのは、はじめてのことではない。2020年の初頭、すでにTeam HRCから先行開発車がMXGPにデビューしている。

画像: Honda CRF450R MY2021

オールニューでない部分は、エンジンとホイールのみ。まさに4年に一度のフルモデルチェンジと言える、ドラスティックな変更を受けた。特徴的なナローフレーム、それにマッチングされた新型スイングアーム…これだけで2kgの軽量化がなされているのだと言う。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.