真夏の豪雨、夜の虫。カナブン…。山道のツーリングや林道では浴びたり当たったりの悩みが多い夏。そんなアドベンチャラーたちの悩みを解消してくれるウィンドシールドに、CT125ハンターカブ用が追加されました! もちろん守れるだけじゃない。冒険の強い味方となるウィンドシールドの、便利な機能たちを紹介していきます。

ZETA
アドベンチャー ウィンドシールド

画像1: ZETA アドベンチャー ウィンドシールド
画像2: ZETA アドベンチャー ウィンドシールド
車種年式品番価格 (税込)
XTZ125 ※113-15ZE70-1411¥18,700
SEROW25005-20ZE70-1411¥18,700
WR250R/X07-17ZE70-1401¥18,700
WR155R20ZE70-1401¥18,700
KLX25008-20ZE70-1101¥18,700
D-TRACKER X08-20ZE70-1101¥18,700
KLX23020ZE70-1111¥20,350
CRF250L/M12-20ZE70-1001¥18,700
モンキー12519-20ZE70-1021¥18,700
CT125 ハンターカブ20ZE70-1031¥18,700

※1
フロントブレーキバンジョーボルトの向きを調整する必要があります。
【スクリーン】
材質:ポリカーボネート製
カラー:ライトスモーク
材質:高さ334mm・幅295mm・厚み3mm

【マウントシステム】
材質:アルミ合金製
サンドブラスト処理/ブラックアルマイト仕上げ

胸部をすっぽりカバーするほどのシールド高があるため、走行風からしっかりと身を守ってくれます。ヘッドライトに釣られて寄ってくる虫なんかも弾いてくれるので、ウェアが虫だらけになる心配もありません。もちろんカナブンのイターいヒットからもしっかり防御。

リプレースメントスクリーン

価格:¥4,950(税抜¥4,500)

画像1: リプレースメントスクリーン

スクリーンを上下反転してお好みの視界にトランスフォーム

画像: スクリーンを上下反転してお好みの視界にトランスフォーム

コチラのスクリーン、角度や高さの調整はもちろん、両端で異なった形状のスクリーンを上下に反転させることで走行中の視界の調整をすることも出来ちゃいます。好みのスタイリングに合わせて試行錯誤できるなんてゼイタク! マウントバーもしっかりと固定できる為、安心してスマホをマウントできます。細部のギミックにアドベンチャー心を煽られてワクワクしますね。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.