これまでクロスカブや、ハンターカブに履けるブロックタイヤと言えば、IRCのFB3が定番でした。クロスカブで遊び回るには、正直FB3で充分というかパーフェクトだったんですが、IRCからトレールタイヤのGP22がミニサイズに対応したというではないですか。早速編集部で、テスト!

ビードには確かな手応えアリ。でもすんなり収まります

画像: ビードには確かな手応えアリ。でもすんなり収まります

早速タイヤを組み付けていきます。FB3よりもギチっとリムに嵌まり込むような印象を受けました。ちょっとチカラは要りますが、苦戦することなく作業完了。脱着作業の間も、ブロックタイヤ独特の手触りでテンション上がってました。

鬼カッコイイ。そして似合いすぎる。

画像1: 鬼カッコイイ。そして似合いすぎる。

めっちゃ似合う。タイヤひとつでバイクの見た目って大きく変わりますよね。GP22のブロックパターンによって、一気に漢らしい外見に変化しました。

画像2: 鬼カッコイイ。そして似合いすぎる。

IRCのラインナップの中でも特に質感高いプレミアムモデル「PRO-TECH」のひとつであるGP22。装着してみるとやっぱり高級感もひと味違いますね。しかし見ているだけでは肝心な性能がわからないので、編集部でインプレッションをしてみましたよ!

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.