メディアをはじめとして、聞こえてくる評判がとてもよく、好セールスが期待される新型CRF250L。Off1.jpでは、ファーストインプレッションとして和泉拓に試乗いただき、とても高い評価を得ている。さらにその「FUN」な部分を確かめるがべく、今回はサスペンションの短いスタンダードタイプ、サスペンションの長い<s>タイプ、そして旧型CRFを揃えて、様々な著名人で囲んでみた。

短いサスペンションながら、好印象。むしろ林道ではスタンダードのほうが速いかもしれない

画像1: 短いサスペンションながら、好印象。むしろ林道ではスタンダードのほうが速いかもしれない

早速乗り込んでみて、一様に感心していたのはこのスタンダードタイプの仕上がりの良さだ。当然、<s>にトータルで軍配を上げたいのは同じなのだが、いやなかなかどうして甲乙つけがたいレベルだと表現してもいいかもしれない。オートバイジャーナリストの中村氏は「ローダウンモデルも足つき性能だけを求めてただ低くしただけでなく、しっかりと意味(狙い)をもって開発されてるので、ローダウンモデルだからサス性能が落ちているとか、そういうことは感じなかったです」と好印象を語ってくれた。

「低重心だから、フラットコーナーでは明らかにスタンダードのほうが速いですよ。これは別にCRFにはじまったことではないんですけどね。僕も日高の林道で、自分がレーサーに乗っているのにセローに抜かれたことがあります。低重心って、とにかくフラットなダートでは速いんですよ。安定してるから」とは池田。

同時期にエンデューロに出ていた西田も、同じような意見だ。「ノーマルと<s>両方乗りましたが、同じバイクにも関わらず趣向の違い感じましたね。ライトに遊ぶのであればノーマル、それ以上にもっともっとオフロードを求めるなら<s>と、選べる選択肢があるのは嬉しいですよね。人によって感じ方は異なるとは思うけど、僕はこの2つの違いを簡単に説明するならこう説明します」とのこと。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.