via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
アドベンチャーマシンを購入したら、やっぱり憧れはパニアケース。ですが、お値段だったり重量だったりでいまいち踏み切れない人もいるでしょう。そんな人にオススメな新作バッグがツアラテックからリリース!
画像1: なるほど防水アイデア。完全防水バッグとベースが分離する、ラゲッジシステム

ツアラテック
ラゲッジシステム ディスカバリーWaterproof
¥64,640(税抜)
容量:(25L+7.5)×2

黄色いスライドイン防水バッグをベースプレートに入れて使用するタイプで、それぞれの防水バッグには最大25Lの荷物が挿入可能。宿泊などで荷物を持ってバイクから離れたい時はベースプレートはそのままに、防水バッグだけを取り出して持っていくことができるため、とてもお手軽です。

見てわかる通り、重心も高くならないので、パニアケース同様ライディングへの影響も最低限で済みそうですね。

画像2: なるほど防水アイデア。完全防水バッグとベースが分離する、ラゲッジシステム

また、防水バッグを入れる大型ポケットの他にも7.5Lの外部収納ができ、すぐに取り出したいような小物を収納するのに便利。

画像3: なるほど防水アイデア。完全防水バッグとベースが分離する、ラゲッジシステム

センター部を展開するとこんな感じになっていて、ここにもメッシュポケットが2つ付いています。携帯の充電器、薬、地図などはここでも良さそうですよね。

画像4: なるほど防水アイデア。完全防水バッグとベースが分離する、ラゲッジシステム

そしてセンター部に設置されている3本のストラップを使って、シートバッグを固定することもできます。写真ではツアラテックのアドベンチャードライバッグを装着していますが、大抵のものなら問題なく付きそうです。もちろんテントやシュラフを直接固定することだって出来ちゃいます。

そして何より嬉しいのが、パニアケースと違って専用フレームが要らない点。加工なしでほとんどのバイクに装着可能なんです。もしもマフラーの形状で熱が気になる場合には、ツアラテックの汎用ヒートシールドが役に立ちますよ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.