via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
画像3: スコット フューリー ゴーグル
画像4: スコット フューリー ゴーグル

FOX V1ヘルメットとのフィッテイングは、アウトリガーがない分フューリーのほうがすっきりした印象。もちろん、プロスペクトのフィット感は群を抜くモノの、気にはならない。スコットのプロスペクト/フューリー特有のワイドビジョンが手に入ることが、とてもありがたい。

画像5: スコット フューリー ゴーグル
画像6: スコット フューリー ゴーグル

SHOEI VFX-WRとのフィってイングを試してみても、プロスペクトよりもすっきりしたフィーリング。ピットで急いで装着したいときなどには、シンプルな方がもしかすると功を奏すかも知れない。

画像7: スコット フューリー ゴーグル
画像8: スコット フューリー ゴーグル

KYT ストライクイーグルとのフィッティング。スリムなヘルメットなので、出っ張りのないフューリーのほうがしっくりくると思うのは僕だけだろうか。基本、フレーム自体はプロスペクトと変わらないため、ぎっちりヘルメットホールをフレームが埋めている感触は同じ。これなら絶対にギャップなどでゴーグルがずれることはないだろう。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.