今年5月以来、第二回目の開催となったビッグアドベンチャーバイク限定の走行会、BAD(BIG ADVENTURE BIKE DAY)が千葉県成田MXパークで開催された。今回は今年からビッグアドベンチャー業界に新規参入を果たしたハーレーダビッドソンが噂のパンアメリカを持ち込み、そのオフロード性能の高さをアピールした。

ビッグアドベンチャーは取り回しがキモ

画像1: ビッグアドベンチャーは取り回しがキモ

午前中には講師ごとに班に別れてスクールが開催された。路面コンディションもあまりよくなく、使えるエリアが限定されたこともあって、和泉が選んだスクール内容は「取り回し」。バイクに乗らず、押してスラロームを抜ける練習だ。

画像2: ビッグアドベンチャーは取り回しがキモ

「すごく地味だけど、実際に林道などから安全に帰ってくるためには、とても重要なテクニックです」と和泉。

画像3: ビッグアドベンチャーは取り回しがキモ

腰でマシンを支えられる左ターンはまだしも、右ターンでは多くのライダーが苦戦。和泉にアドバイスを求めていた。狭いスペースをたった2〜3周するだけで腕がパンパンになり、マシンを支えきれなくなってしまう参加者も。

画像4: ビッグアドベンチャーは取り回しがキモ

ここで和泉が披露したのはバイク屋さんならではとも言える面白テクニック。マシンを立ててさえいれば、腕に力はほとんどいらないのだ、ということがわかる。

画像5: ビッグアドベンチャーは取り回しがキモ

次のテーマはバイクを降りてのアクセルターン。リアタイヤを滑らせて少ないスペースで曲がるこのテクニックは、道幅の狭い林道でUターンする時などに非常に便利だ。参加者の多くが「やりたいけどできない」テクニックだったようだ。

画像6: ビッグアドベンチャーは取り回しがキモ

和泉が座学でコツを教え、実践して見せると、参加者もトライ。大きなバイクで初めてリアタイヤを滑らせる感覚に驚きつつも楽しんでいた。

画像7: ビッグアドベンチャーは取り回しがキモ

転びそうになってもすぐに支えてくれるので安心して練習できる。これもスクールの良いところだ。

画像8: ビッグアドベンチャーは取り回しがキモ

最後に和泉は参加者のリクエストに応え丸太超えを披露。さらに午後にはコンディションが回復したモトクロスコースが解禁され、講師らの先導車つきで希望者がコースイン。

画像9: ビッグアドベンチャーは取り回しがキモ

主催の鈴木大五郎はじめ、名だたるライダーたちに支えられ、成田のダイナミックなモトクロスコースを走るテネレやアフリカツイン、GS、KTMアドベンチャーたち。

エンデューロコースは午前中からフリーライドで使われていたが、午後にはパンアメリカの試乗体験も始まり、多くのライダーがそのパフォーマンスの高さを実感していた。試乗車にはナンバーもついているので、公道での試乗も体感できた。

画像10: ビッグアドベンチャーは取り回しがキモ

「タンクが大きくて見た目もあまりオフロードっぽくないので『乗れるのかな?』と思いながらエンデューロコースに入ったんですけど、全然いけますね。すごく楽しかったです。エンジンが1250ccなのでもっとパワーがドカンと出るのかなぁと思ったんですけど、オフロードモードなら全然マイルドだったので扱いやすかったです」と試乗の感想をくれたのはYouTubeでBANZAIりょ〜ちゃんねるを展開するBANZAIさん。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.