3月14日の開幕戦CGC奈良から7ヶ月が空き、10月17日にG-NETの第2戦となるブラックバレー広島が開催された。日高ロックスが中止となったことで大会数の減少が危惧されたG-NETだったが、日野の後に特別選抜戦・四国が開催されることで全4戦をキープ。有効ポイント制にてシリーズチャンピオンが決定される。
画像1: 雨のブラックバレーで4強が覇権を争う、激下り攻略が勝負を分けた。G-NET第2戦

会場となったのは広島県ホワイトバレー松原。JECの地方戦にもなっているビギナーズエンデューロが開催されるスキー場として、西日本のオフロードライダーを中心に親しまれている。しかしこのブラックバレーはハードエンデューロ。もちろん普段は使われていない難セクションが開拓され、昨年よりもグッと増えた175台のエントラントを迎えた。

コースは概ね去年の逆回りで組まれており、下見を終えたライダーたちは口を揃えて「下りが難しい」と口にした。

画像2: 雨のブラックバレーで4強が覇権を争う、激下り攻略が勝負を分けた。G-NET第2戦

コース開拓やマーシャルを担当したのは伝説の「美和マウンテンエンデューロ」そして「琴引マウンテンエンデューロ」を生んだスタッフ陣。MITANI motor sportsの三谷氏も参加していた。

画像3: 雨のブラックバレーで4強が覇権を争う、激下り攻略が勝負を分けた。G-NET第2戦

当日の天気は雨。レース中に一度勢いは弱まったものの、レース終盤でまた勢いを増し、コースコンディションがめまぐるしく変わる難しいレースとなった。

175台がゼッケン順に並び、スタートはG-NET黒ゼッケンが先頭になり、そこから数秒間隔で順次スタート。

画像4: 雨のブラックバレーで4強が覇権を争う、激下り攻略が勝負を分けた。G-NET第2戦

第1セクションとなった「新おもてなし」では早くもハードエンデューロの洗礼が始まった。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.