FOXやアルパインスターズと並び、すっかりオフロード業界の定番ウェアとして認知されたFASTHOUSEが、今年の新作をドロップ! 実はOff1.jp編集部では稲垣、伊井ともにプライベートでFASTHOUSEを愛用しています。伊井は、ちょうど新しいジャージが欲しいタイミングだったので、さっそく一着購入しちゃいました〜!
画像1: FASTHOUSEの2021モトクロスウエアが、編集部の物欲をくすぐりまくって自腹切って試してみたハナシ

FASTHOUSEのグラインドハウスジャージはベーシックモデルです。高級モデルのエルロッドや、夏仕様のエアークールドも魅力なのですが、ロゴマークやカラーの選択肢が豊富という意味ではグラインドハウスがピカイチ。

もちろん性能だって不足はありません。

画像2: FASTHOUSEの2021モトクロスウエアが、編集部の物欲をくすぐりまくって自腹切って試してみたハナシ

メイン生地の素材は吸湿発散性に優れており、汗をかいてもウエアの中で蒸れることなく、快適な着心地を提供してくれます。

画像3: FASTHOUSEの2021モトクロスウエアが、編集部の物欲をくすぐりまくって自腹切って試してみたハナシ

袖と胴体のサイドに亘る赤黒のチェック柄の部分はメッシュになっています。ちょうどプロテクターの隙間部分ですから、風の通りもよいんです。

画像4: FASTHOUSEの2021モトクロスウエアが、編集部の物欲をくすぐりまくって自腹切って試してみたハナシ

襟と袖は伸縮性に優れていて、着る時、脱ぐ時にもプロテクターに引っかかりにくいですよ。

画像5: FASTHOUSEの2021モトクロスウエアが、編集部の物欲をくすぐりまくって自腹切って試してみたハナシ

もちろん腰の部分はドロップテールデザイン。長めに作られているので前傾でライディングしてもパンツからジャージがはみ出しにくい作りです。

画像6: FASTHOUSEの2021モトクロスウエアが、編集部の物欲をくすぐりまくって自腹切って試してみたハナシ

実際に走ってみてもこの通り。

個人的に一番嬉しいのは上下の組み合わせが自在という点です。基本的なデザインが統一されていて、奇抜すぎるデザインはありませんし、ある程度のカラーだけ気にしていれば、旧モデルのパンツはそのまま使って、ジャージだけ新作を購入しても、見栄えに問題がないんです。

パンツはまだ使えるけどジャージが破けちゃった、とか、その逆の場合でも、上下どちらかだけ買えばいいのはお財布的に嬉しいですよね。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.