DRCのCT125用フロントキャリアは、積みやすさに加え、ウィンドシールドやスマートフォンホルダーマウントも取り付け可能でユーティリティ性能抜群。ハンドリングに影響あるとか、そりゃ人は言いますけど、目の前に荷物がおける便利さには変えられません!
画像1: CT125ハンターカブが、いつものお買いものでぐっと便利になる

DRC
フロントキャリア CT125用
¥9,680(税込)
最大積載量:2kg

画像2: CT125ハンターカブが、いつものお買いものでぐっと便利になる
画像3: CT125ハンターカブが、いつものお買いものでぐっと便利になる

横幅300mm、奥行きは194mm。荷掛けフックの数は、ハンターカブをよく知る開発陣もアイデアでしょう。ネットやらなんやら、自分好みに積めちゃいそうですね。最大積載量は2kg、ポーチや小さめのバッグなどに小物を入れて載せることができます。ツーリングなんかでは、すぐに出したいカメラや携帯、あんぱん(?)をいれたポーチを載せることをおすすめします。

画像4: CT125ハンターカブが、いつものお買いものでぐっと便利になる

さすがダートフリーク社のDRCブランドとあって、ZETAウィンドシールドとの併用が可能。併用時には、ウィンドシールドに合わせて前後20mm調整できるという優れもの。

画像5: CT125ハンターカブが、いつものお買いものでぐっと便利になる

さらに、メーター左部には10.5mmの穴が2ヶ所配置。これによりスマートフォンホルダーマウントの取り付けができ、積載量のアップのみならず、風よけやスマートフォンの取り付けなど、機能性もかなり充実! 一つ取り付けるだけでCT125の可能性が一気に広がりますね。

12月中旬に少量入荷予定とのこと!

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.