すでにSNS界隈ではスパイフォトも出回っていた2023年以降のKTMが、いよいよKTM USAのインスタグラムからファクトリーエディションがリーク(?)。本国オーストリアより早い露出にどういった意味があるのかは不明だが、よりシャープにまとまったスタイリングに期待が高まるところ。

公開されたのは、450SX-Fファクトリーエディションと250SX-Fファクトリーエディションの2台。USでは、1月開幕のスーパークロスに新型車両を投入するために、ファクトリーエディションでホモロゲーションをクリアしてきた歴史がある。この何年かは、そのスタイルでのファクトリーエディションは発表されてきておらず、いわば通常のSX-Fのアップデート版でしかなかったのだが、まさに今回発表されたものは新型と見受けられるものだ。

画像1: www.instagram.com
www.instagram.com
画像2: www.instagram.com
www.instagram.com

大きく変更を受けているのは、フレーム。

画像1: KTM、2023モデルをリークか。新型ファクトリーエディションが世界初披露
画像2: KTM、2023モデルをリークか。新型ファクトリーエディションが世界初披露

現行のフレームに比べて、ピボットへ降りてくる角度がだいぶ緩やかになったことがうかがえる。クレードル自体がコンパクトになった印象だ。また、ヘッド部分については低くなったように見え、かなりドラスティックにシャシーを変更してきたといっていいだろう。スイングアームの形状も細かく異なっており、アップデートされたもの。

スタイリングは、現行モデルよりもよりシャープな印象をうける。シュラウドからゼッケンへのつながりは従来通りスムーズなもので、車体へのひっかかりは極力抑えたモノだと思われる。また、シートの座面はよりフラット化がおしすすめられている。

450ユニットの外観に大きな差異はなく、熟成の仕様だと言えるかもしれない。ゼッケンプレートの上部には、巨大な吸気口が開けられており、エアインテーク関連のアップデートが想像される。エアクリーナボックスも、フレームの隙間から見える形がまるで現行とはことなっているようである。

画像3: www.instagram.com
www.instagram.com
画像4: www.instagram.com
www.instagram.com

250SX-Fファクトリーエディションは、ゼッケンをブラックアウト。タンクまわりのブラックとつながり、これまでにない印象に。

画像3: KTM、2023モデルをリークか。新型ファクトリーエディションが世界初披露
画像4: KTM、2023モデルをリークか。新型ファクトリーエディションが世界初披露
画像5: KTM、2023モデルをリークか。新型ファクトリーエディションが世界初披露
画像6: KTM、2023モデルをリークか。新型ファクトリーエディションが世界初披露

250ユニットは全面新設計だろうか。シリンダーの形状や、ヘッドまわりの細部がまるで異なる。大きく違えて見えるのは、プラグ位置にどんと刺さるウォーターパイプ。また、右側サイドはヘッドの形状が大きく異なっている。

画像7: KTM、2023モデルをリークか。新型ファクトリーエディションが世界初披露

このシャープなイメージは、先だって発表されているKTMの450RALLYとも同じ流れとみることができるだろう。オフロードセグメントにとって、ラリーとモトクロスはKTMの2大イメージソース。今後のアドベンチャーシリーズなどにも、この意匠が取り入れられていくことは想像に難くない。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.