via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

2018年に発表された、ヤマハの電動トライアルバイクTY-Eがトライアル世界選手権の電動バイククラスに挑戦していたのは記憶に新しいところ。2021年の11月には、2022年から電動バイクがトライアル世界選手権のすべてのクラスで認められることがFIMより発表されており、2022年3月22日に発表されたFIMのリリースにもこの点が明記されている。これに呼応する形で、このたびのTY-E2.0が発表されたことになるわけだ。

画像: FIMトライアル世界選手権へ今度は本戦になぐりこみ。ヤマハ渾身のEトライアルTY-E2.0がデビュー

YAMAHA
TY-E2.0

前モデルからは、がらっと未来的なエクステリアに進化。フレームは、コンポジット材によるモノコックフレームを使用しており、従来よりも低重心化が進んでいるとのこと。また、前モデルにもクラッチが搭載されていることは公表されていたが、クラッチやフライホイールなどのメカニズムと、微妙なグリップの変化を読み取る電動モーター制御の組み合わせでトラクション性能を向上したという。

もちろん、6月以降、FIMトライアル世界選手権への参戦を計画し、前モデル同様に開発ライダーも務める黒山健一選手(YAMAHA FACTORY RACING TEAM)の出場を予定しているとのこと。

画像1: YAMAHA TY-E2.0

高出力密度の大容量バッテリーを新開発。前モデル比で約2.5倍の容量を達成しながら、重量は約20%増に抑えたとの報。

全長×全幅×全高2,003mm×830mm×1,130mm
軸間距離1,310mm
最低地上高340mm
車両重量70㎏以上
原動機種類交流同期電動機
駆動用バッテリー種類リチウムイオン電池
クラッチ形式油圧, 湿式, 多板
フレーム形式CFRPモノコック
画像2: YAMAHA TY-E2.0
画像3: YAMAHA TY-E2.0
画像4: YAMAHA TY-E2.0
画像5: YAMAHA TY-E2.0
画像6: YAMAHA TY-E2.0
画像7: YAMAHA TY-E2.0

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.