一言で表すならばゴツい。もちろん良い意味ですよ、だってこんなにゴツいハンターカブ見たことないじゃないですか。ハンターカブのスタイリッシュなフォルムに、このツアラテックパニアケースの重厚感はロマンですね。ここまでのパニアを付けても大丈夫なフレームって、一体どうなってるのか気になりますね。
画像1: CT125ハンターカブ用、最高級フルパニアならコレ

フレームの左右6箇所にボルトオンで固定。大きいパニアケースを取り付けても安心の耐久性。フロント側はスイングアームのピポッドシャフト固定を利用しているのが、重量をしっかり支えられている秘密。

画像2: CT125ハンターカブ用、最高級フルパニアならコレ

マフラー側にもクリアランスがあるので、形状が合う社外マフラーは多そう。タンデムステップもしっかり使用できるところがミソ。

画像3: CT125ハンターカブ用、最高級フルパニアならコレ
画像4: CT125ハンターカブ用、最高級フルパニアならコレ

TOURATECH
CT125 ZEGA EVOパニアフレーム
¥66,000(税込)
スチール素材ブラック焼き付け塗装
専用ビス等一式セット、穴あけ加工必要なしのボルトオンセット
ツアラテックハードケースZEGA EVO、Pro、Mundo、ソフトケースクリックシリーズ対応

画像: CT125アドベンチャー仕様 HD 1080p www.youtube.com

CT125アドベンチャー仕様 HD 1080p

www.youtube.com

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.