via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
画像2: 実走。あ、これたしかに良くなってるわ…

さらに、YZのクラッチは引き摺らないセッティングになったので、たしかにギヤの入りが少し改善した。

画像3: 実走。あ、これたしかに良くなってるわ…

ちなみに、クラッチの感触がよくなったので、フロントも上げやすくなった感がある。なんというか、クラッチのつながる瞬間がギュっとなった感触。ぱちんとクラッチを軽く溜めて離すだけで、低中速があるYZはラフなスロットル操作でもふわっと浮いてくる。これは…たしかに調子がいい。

以前セローにこのリテーナーを入れたときも、同じ感触だった。特にセローの場合、トレールなのでかなりアバウトなところが多い。むしろ、デジタルに反応しないタメの部分が存在する。そのタメ自体が、ビギナーの操作感にちょうどいいことも、よくわかっているのだけど、使い慣れるといいのだ。セローなら、ダレもカレもがリテーナーをいれればいいとは思っていない。フロントをあげたいけど、あまりうまくいかない、という時に、クラッチがしゃっきりすると、操作も安定する。トライアルの知見がない僕が言えるのはこのくらいだけど、まぁ、大きな違いだ。

画像4: 実走。あ、これたしかに良くなってるわ…

リテーナーには裏部分にワッシャーを噛ませると、スプリングの効きを弱く出来るので、クラッチの重さ調節ができるらしい。精度がでていれば、多少スプリングが弱くても滑ることは少ないという見立てだそう。わりと、YZ125ユーザーはここにワッシャーをかませまくって、めちゃくちゃ軽いクラッチにしている人もいると北村さん。なるほどねぇ、次はやってみよう。その前に、無償修理にださなければ…。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.