もはや我々、オフロードマニアにとって、モバイルホルダーなどというものは、普通のものでは到底満足などできない。なぜなら、モバイルだけではなく、ガーミンや、ナビや、はたまたラリーごっこに使うツールを満載にしたいからだ。ダカールラリーのよくわからないラリータワーのまねをしたいのだ。

3次元で考えたい、ラリータワーのまねっこ

そこで大事なのは、いかにハンドルまわりの空間を自由に、そしてスマートに使えるかということである。

画像: Team HRC

Team HRC

こんな風にしたい。ラリーごっこをしたい人は、マップホルダーがほしい。まぁ、しない人はいろいろモバイルをつければいい。で、大事なのは縦に長く、有効な画面を用意することだ。

画像: 3次元で考えたい、ラリータワーのまねっこ

ZETA
アジャスタブル マウントバー
ミラーホールタイプ

価格:¥4,180(¥3,800)
マウント可能範囲:約110mm
素材:マウントバー・胴体部:高強度アルミ合金
取付けステー・ボルト:ステンレス
表面処理:マウントバー・胴体部:ブラック
アルマイト サンドブラスト処理
取付けステー:ブラック粉体塗装

もっとも手っ取り早いのは、ミラーホールからアダプターを生やして、左右どちらかに寄せた空間をつくること。こちら、ZETAの新商品は、上下・左右様々な軸で位置を調整可能。

画像1: ZETA アジャスタブル マウントバー ミラーホールタイプ

根元のスイングする部分で、3D的に位置を調整できる。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.