キャンパスオフロードミーティング通称”キャンオフ”というレースをご存知でしょうか。中には、聞いたことはあるけれど何かは知らない。という人もいるのではないでしょうか。キャンオフの始まりは1980年代。関東学生二輪連盟を主体とした、当時の大学生や専門学生によって始まりました。

目的は各大学の学生や社会人OBとの交流の場を作りたいというのと、レースの敷居を下げることで、未経験者や初心者でも気軽に参加してレースの楽しみを味わってもらいたいということ。その一環として、サークルの新入部員や未経験者などバイクを持っていない人の為にレンタルバイクが用意されていたり、レース前日にライディングスクールが行われたりと未経験者でもレースに参加しやすいような工夫が考えられているのです。

では、キャンオフが主催するレースはどんな人々に楽しまれているのか、今年6月にクロスパーク勝沼で開催された2022キャンパスオフロードミーティング第1戦5時間耐久エンデューロレースにOff1.jp取材班がお邪魔したので、その時の楽しそうな様子をご覧ください。

画像1: キャンオフ2022年第1戦クロスパーク勝沼5時間耐久が開催

キャンパスオフロードミーティング2022年第1戦クロスパーク勝沼5時間耐久
日時
2022年6月5日(日)
会場
クロスパーク勝沼
エントリー期間
5月2日(月)~5月27日(金)
クラス
ぼっちクラス、ペアクラス、トリプルクラス
エントリー費
ぼっちクラス:10000円(学生のみ7000円)
ペアクラス:14000円(1人7000円)
トリプルクラス:18000円(1人6000円)
保険費用:1人3000円

画像2: キャンオフ2022年第1戦クロスパーク勝沼5時間耐久が開催

山梨県のクロスパーク勝沼で開催された2022のキャンオフ第1戦は5時間耐久エンデューロ! 5時間耐久と聞くとだいぶ長くて過酷なんじゃないか、と思われがちですが、これも色んな楽しみ方ができるようにというキャンオフ運営の絶妙な設定なのです。

クラスは3つに分かれており、ぼっちクラスは1人で腕試しがしたい人向け。1人で5時間はなかなかにハードなのでトレーニングにもなります。一方、ペアクラスやトリプルクラスは学生やサークルの仲間向けとなっていて途中交代が可能。ソロでストイックに走るのもより、グループでわいわいお祭りみたいに楽しむもよし、いろんな志向のライダーが同じレースに参加できるのが魅力。他のレースに比べ、参加費が比較的安いのも参加しやすい理由のひとつになっています。

画像3: キャンオフ2022年第1戦クロスパーク勝沼5時間耐久が開催

パドックにはTechnixモデファイ車両を試乗できるコーナーもあり、参加者以外の試乗も可能となっています。

画像4: キャンオフ2022年第1戦クロスパーク勝沼5時間耐久が開催

モトクロスやエンデューロのレース会場で救護班として活躍しているJOMSさん。何もないのが1番ですが、万が一何かあった時もJOMSさんがいるというだけで心強いです。特にこの時期は熱中症になる人が多いので……。

画像5: キャンオフ2022年第1戦クロスパーク勝沼5時間耐久が開催
画像6: キャンオフ2022年第1戦クロスパーク勝沼5時間耐久が開催

ル・マン式スタートが採用され花火の合図で一斉にダッシュ。

画像7: キャンオフ2022年第1戦クロスパーク勝沼5時間耐久が開催

開始早々にゼッケン落とした人いますね〜。

画像8: キャンオフ2022年第1戦クロスパーク勝沼5時間耐久が開催
画像9: キャンオフ2022年第1戦クロスパーク勝沼5時間耐久が開催

マーシャルの方々がヘルプしてくれる(時と場合による)ので初心者でも気軽に参加できる。

画像10: キャンオフ2022年第1戦クロスパーク勝沼5時間耐久が開催

中にはお祭り感覚でコスプレ参加しているライダーも。

画像11: キャンオフ2022年第1戦クロスパーク勝沼5時間耐久が開催

あら、レース中にフェンダーが取れちゃったのね。自分の体が壊れなくて何より。

画像12: キャンオフ2022年第1戦クロスパーク勝沼5時間耐久が開催

コース内に数多く隠されているWebikeマーク。これをレース中に見つけるとレーススポンサーのWebikeポイントを貰うことができます。気にかけて歩いていたけれど1個しか見つけられませんでした! みんなよく見つけるなぁ……。

表彰式

画像1: 表彰式
画像2: 表彰式

表彰式では数多くの企業さん、個人の方々から多数景品が配られました。中でも驚いたのが、若手キャンオフOBが数多く就職しているというBoschJapanからの高圧洗浄機5台という大盤振る舞い。しかも学生が必ず貰えるように学生限定じゃんけんなども行われており、なんとも羨ましい限りでした。

ぼっちクラス

画像: ぼっちクラス


1位 #1郵便局員+マジモンの郵+ソルティ たけp
2位 #22越路カレーメシ パンツスキー
3位 #6イエローマジック交流会 ペリカン

ペアクラス

画像: ペアクラス

1位 #50ジパングハスキーJapan てんてん、いまり
2位 #70チームパルスwithブリヂストン さいとうゆうたろう、ちゃか、
3位 #54チーム夏山 すけまる、ひろや

トリプルクラス

画像: トリプルクラス

1位 #78俺たちの天使明日那 エンジェル 萌え萌え変態胸毛野郎 電柱
2位 #91Cold water oldman 齋藤孝路 橋口元 加藤耕治
3位 #82サイコヘルメット教 よしくん、やっちゃん、こうちゃん

キャンオフに代々伝わる?三種の神器+新たな神器

キャンオフに代々伝わる神器。前回大会の貰い手から代々受け継がれて?いる。某リサイクルショップから構成されているが、実際に効果を発揮している神器もあるのでナメてはいけない。

画像: 幸せになれるお面。あれ?これ前回「悩みを聞いてくれる神様」って名前じゃなかったっけ。まぁなんでもいいか。部屋にこれだけスペースを取る物が置いてあったら、いつもその存在を感じられて幸せになれることマチガイナシ(棒)。

幸せになれるお面。あれ?これ前回「悩みを聞いてくれる神様」って名前じゃなかったっけ。まぁなんでもいいか。部屋にこれだけスペースを取る物が置いてあったら、いつもその存在を感じられて幸せになれることマチガイナシ(棒)。

画像: ぼっちの人のための友達像。部屋でひとりの時、さびしい時は膝の上にのせて話しかけよう。かぶることもできそう!

ぼっちの人のための友達像。部屋でひとりの時、さびしい時は膝の上にのせて話しかけよう。かぶることもできそう!

画像: とあるCOMP Aライダーの顔を模したというお面。一説によるとかぶるだけで人間をやめられるとか。

とあるCOMP Aライダーの顔を模したというお面。一説によるとかぶるだけで人間をやめられるとか。

画像: 結婚できるドス。 これを授かった2ヶ月後に彼女ができ2年後には結婚したライダーがいるというブーケトスのようなありがたい品。奇跡的に前回と同じ方に当たったのでお持ち帰り。幸せ分けてくれ!!

結婚できるドス。 これを授かった2ヶ月後に彼女ができ2年後には結婚したライダーがいるというブーケトスのようなありがたい品。奇跡的に前回と同じ方に当たったのでお持ち帰り。幸せ分けてくれ!!

画像: バイクが速くなる壺。 G-NETコースを1周できるようになったというガチな実績のある壺。普通に買おうとすると2000万円くらいするとかしないとか。

バイクが速くなる壺。 G-NETコースを1周できるようになったというガチな実績のある壺。普通に買おうとすると2000万円くらいするとかしないとか。

画像: キャンオフに代々伝わる?三種の神器+新たな神器

学生限定いただき物配布

企業や個人の方からご提供いただいた、俗に言う訳あり品。学生にとっては宝の山に違いない。いや、普通に私も欲しい物を見つけてしまった(ゴクリ)。でも社会人だからちゃんと自分のお給料で買うもん!(泣)

画像1: 学生限定いただき物配布
画像2: 学生限定いただき物配布
画像3: 学生限定いただき物配布

モトファクトリーパルス

キャンオフ東日本が現在の体制になった2016年からサポートし続けているのがモトファクトリーパルス。ブリヂストン、モチュール、D.I.D、べスラなど、キャンオフのスポンサー企業がここまで多いのは木村社長の尽力によるところが大きい。

BoschJapan

画像: BoschJapan

これが噂のBoschの高圧洗浄機。約150人中、学生枠3名、社会人枠2名で当選した強運の持ち主。
学生だけではなく、社会人も豪華景品が貰えるので安心してください!

ブリヂストン

画像: ブリヂストン

JEC国際A級の齋藤祐太朗選手(左)が所属するブリヂストンから、好きなタイヤ前後セットがもらえる券。前後ともX20を選んだそうです。それを履いてまたレースに出てくれい!

Ridge Cycle

画像1: Ridge Cycle
画像2: Ridge Cycle
画像3: Ridge Cycle
画像4: Ridge Cycle

JECなどにも参戦しているバイクショップ、Ridge Cycle。家のパーツクリーナーも無くなりそうだったなぁ……。(私も欲しい)

DUNLOP

画像1: DUNLOP
画像2: DUNLOP

DUNLOPからタオルとペットボトルホルダー。この時期のタオルは何枚あっても嬉しいし、特に企業さんのタオルって集めるの楽しいですよね。

FLAIR LINE

画像1: FLAIR LINE
画像2: FLAIR LINE
画像3: FLAIR LINE
画像4: FLAIR LINE
画像5: FLAIR LINE
画像6: FLAIR LINE

バイクの販売、メンテナンスなど全般を手がけ、JNCCなどエンデューロレースにも参戦しているFLAIR LINE。クリーナーからタイヤまでこんなにいっぱい提供して大丈夫ですか!?(欲しい)

LAVEN

画像: LAVEN

バイクのメンテナンス用品を扱うLAVEN。これは車体に泥が付きにくくなると好評のダートエース。フェンダー裏などに吹いておくと洗車が格段に楽になる!

MOTUL

画像: MOTUL

モータースポーツのエンジンオイルを扱うMOTUL。チェーンルブ12本のご提供、こちらはSNSで拡散希望とのこと、学生さんよろしくお願いします!

Webike

画像1: Webike
画像2: Webike
画像3: Webike
画像4: Webike
画像5: Webike
画像6: Webike
画像7: Webike
画像8: Webike
画像9: Webike

Webikeはポイントをもらえるだけではなくデロリアンのプラモデルをご提供。ちょっと世代はズレてるかも……。

WAVE FACTORY

画像1: WAVE FACTORY
画像2: WAVE FACTORY
画像3: WAVE FACTORY
画像4: WAVE FACTORY
画像5: WAVE FACTORY
画像6: WAVE FACTORY

WAVE FACTORYさんからはオイルなどなど、数で勝負。

DESSY-Japan

画像: DESSY-Japan

長年キャンオフをサポート、若者を応援しているDESSY-Japanさんからは、プログリップのゴーグル

MRP

画像: MRP

グラフィック屋のMRPさんから豪華ガエルネブーツがご提供。

彼女のいない人たちへ……。

画像: 彼女のいない人たちへ……。

……。

Vesrah

画像: Vesrah

ブレーキディスクのVesrahさんからは引換券が。

Neoriders Project

画像1: Neoriders Project

Neoriders Projectからは次戦も使えるタイヤのプレゼント。嬉しい!

MRP様&WAVE FACTORY

画像: MRP様&WAVE FACTORY

シンコータイヤの前後セット。次もこれを履いて出てくださいね!

以前の勝沼キャンオフ一般参加者からのご提供

画像: 以前の勝沼キャンオフ一般参加者からのご提供

なんだか、貧……勉学に忙しい学生たちにプレゼントするのが目的みたいに見えますが気のせいでしょうか。でも、これだけ賞品が潤沢なレースもそうそうありませんから、賞品狙いで参戦するのも全然アリだと思いました。次回第2戦の長時間耐久レースは9月4日(日)開催予定。エントリー期間などは後日掲載予定となっています。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.