トライアンフが10月1日に開催するトライアンフ・ナショナル・ラリー2022は、全国のトライアンフファンと出会い、ともにイベントを楽しむことができる貴重なイベントです。「ラリー」と名がついていますが、実際のところは「ミーティング」なので「レースはちょっと……」という方も安心して参加できます。しかも、トライアンフ生誕120周年を共に祝うこのイベントは、なんと基本無料! 現在トライアンフオーナーでない方でも参加できます。

イベント内容は3回に分けて徐々に発表されていく方式となっており、その第一回目の発表が先日行われました。

イベント概要

TRIUMPH NATIONAL RALLY 2022
開催日時:2022年10月1日(土)
     第一部:10時〜15時
     第二部:17時〜19時(酒類の販売あり、キャンプ場、近隣ホテルに宿泊の方のみ)
開催場所:長野県 富士見高原スキー場
参加対象:トライアンフを愛する全ての方(他社バイクオーナーも可)
参加料金:無料(要事前エントリー。当日参加は1,100円)
キャンプサイト使用料:1,100/1人

豪華ゲスト陣によるステージイベントやデモンストレーション

まずはステージで行われるトークショーに3人のゲストが登場。

画像: オン・オフ共に無料レッスンも。トライアンフ・ナショナル・ラリー詳細発表、第一弾

一人目はモータージャーナリストの佐川健太郎氏。

画像1: 豪華ゲスト陣によるステージイベントやデモンストレーション

そしてエルズベルグロデオに挑戦するエンデューロライダーの石戸谷蓮氏。石戸谷氏はゲレンデを使ってタイガー1200のデモンストレーションも予定しています。

画像2: 豪華ゲスト陣によるステージイベントやデモンストレーション

そしてエクストリーム・スタントライダーの屋比久大氏。屋比久氏は駐車場エリアを使ってストリート・トリプルでのデモンストレーションを予定。

画像3: 豪華ゲスト陣によるステージイベントやデモンストレーション

ステージイベントでは集合写真の撮影やジャンケン大会などもあるようですよ!

乗って楽しめるミーティング

画像1: 乗って楽しめるミーティング

会場内の周遊エリアを使ったアドベンチャーバイクの走行レッスンもあります。自分のバイクで参加可能で、トライアンフのアドベンチャーモデルであるタイガーシリーズやスクランブラーシリーズはもちろん、他社のアドベンチャーモデルでも参加可能です。

参加費無料、10名×2回の先着順受付です。

画像2: 乗って楽しめるミーティング

また、最新アドベンチャーモデルであるタイガー1200を会場内の初心者向け林道コースで試乗することもできます。通常ディーラーではオフロードで試乗できることはありませんので、タイガー1200に興味があるライダーはこの機会を逃す手はありません。スタッフの先導付きなのでオフロードが初めてという方も安心して参加できますね。

参加費無料、4名×8回の先着順受付です。

画像3: 乗って楽しめるミーティング

もちろんオンロードレッスンもあります。佐川健太郎氏によるライディングレッスンを受けることができますよ。

参加費無料、10名×2回の先着順受付です。

第二回目のコンテンツ発表は9月8日予定とのこと。飲食ブースや出展企業など、追加情報をお楽しみに!

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.