日本人ではロイヤルエンフィールドのHIMALAYANというオフロードバイクに乗ったことある人は多くないと思います。411ccエンジンを搭載しているため、大型免許がなければ乗ることができず、販売店やオーナーがまだ多くないため、知る人ぞ知る存在ではありますが、とても扱いやすく優しい特性で、まるでセロー250のような初心者から熟練者まで楽しめる懐の深いオフロードバイクなのです。

日本ではロイヤルエンフィールドというメーカーに対してオフロードバイクをイメージする人は少ないと思いますが、実は昨年ロイヤルエンフィールドのスタッフがこのHIMALAYANで南極点に到達するという大冒険を果たしており、今年もヒマラヤ山脈を1000kmにわたって走破するチャレンジを成功させています。そのことからも分かる通り、HIMALAYANは外見だけでなく本格的なアドベンチャーバイクなのです。

そんなHIMALAYANをベースに開発されたブランド初のアーバン・スクランブラーモデル、Scram 411がついに日本上陸を果たします。市街地からツーリング、オフロードまでどんなシーンでも似合い、ストレスなく楽しめるバイクであろうことは容易に想像できますね。

画像1: ロイヤルエンフィールドが創るスクランブラー「Scram 411」が日本発売開始
画像2: ロイヤルエンフィールドが創るスクランブラー「Scram 411」が日本発売開始

ロイヤルエンフィールド
Scram 411
¥838,200(税込)〜
カラー/タイプ:GRAPHITE RED/BASE、GRAPHITE BLUE/BASE、GRAPHITE YELLOW/BASE、BLAZING BLACK/Mid、SKYLINE BLUE/Mid、WHITE FLAME/Premium、SILVER SPIRIT/Premium

画像3: ロイヤルエンフィールドが創るスクランブラー「Scram 411」が日本発売開始

予約受付開始日は2022年11月1日、全国の正規販売店にて。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.