全日本トライアル選手権が10月23日に最終戦を迎え、小川友幸選手のシリーズチャンピオンが決定しました。小川選手は今年で10年連続、通算12回目のチャンピオンとなります

画像1: 小川友幸、V12達成。「“感謝”という言葉が一番に出るシーズン」

今年、小川選手はTEAM MITANI Hondaに所属し、RTL300Rで全日本選手権に挑みました。第2戦、第3戦、第4戦で優勝をおさめ、シーズン前半戦から順調にポイントをゲット。第5戦のシティ・トライアル・ジャパンでは原木セクションから飛び降りた際に古傷を痛めてしまい、今シーズンで唯一表彰台を逃す5位という結果となりましたが、そこからしっかり復調し、最終戦の優勝でチャンピオンを獲得しています。

今年はチームメイトの氏川政哉選手も第7戦で自身初の優勝を獲得し、ランキング3位に入っています。

画像2: 小川友幸、V12達成。「“感謝”という言葉が一番に出るシーズン」

小川友幸
「今回の年間チャンピオンは10連覇で通算12回となりましたが、MFJの記録である12回にタイで並んだので、来年は是非とも更新したいと思います。今年の前半戦はブッチギリの勝利で良い大会もありましたが、後半戦になるにつれ怪我や色々なトラブルがあり、なかなか勝てない大会が続きジレンマもすごくありました。最終戦でも大会直前のギリギリまで、トラブル対応に追われましたが、そんな中でチームや関係者の誰もが見捨てずに、最後の最後までバックアップしてくれたことが、この結果につながっており、感謝の一言に尽きます。これまで12回のタイトルで、色々な勝ち方をしてきましたが、“感謝”と言う言葉が一番に出るのは、この2022年シーズンだったと思います。お世話になった皆様に“ありがとうございます”と改めて伝えたいです」

小川選手はこれで2013年から2022年まで10年連続でIASクラスのチャンピオンを獲得。さらに2007年、2010年と合わせて通算12回の最高峰クラス年間チャンピオンを達成しています。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.