イタリアで開催されたミラノ国際モーターサイクルショー(EICMA)にて、カワサキが電動バイク2機種とハイブリッドバイク1機種のプロトタイプを発表しました。電動バイクとしては、ネイキッドタイプの「Z」とフルカウルタイプの「Ninja」の2機種がお披露目に。車体には取り外し可能なバッテリー「リムーバブルバッテリーバック」(約12kg)が2つ搭載されています。主に近距離走行に重きを置いたバイクを想定しており、発売は2023年を予定。一方、ハイブリッドバイクにはハイブリッド型エンジンを搭載。通勤通学からツーリングなど、走行シーンに合わせてモーター走行またはモーターとエンジンの併用走行に切り替えることが可能です。ハイブリッドバイクは2024年に発売予定。

なお、3機種に加え、カワサキが開発を進めている水素エンジンも発表されました。現在はカワサキのトップモデルとなる「Ninja H2」のエンジンをベースに開発を進めている段階で、2030年代前半には水素エンジンを使用したモーターサイクルの実用化を目指しているとのこと。カーボンニュートラルに向けて着実な一歩を見せたカワサキ、今後の各機種の市販化に注目です。

EVモーターサイクルネイキッドタイプ(Z)(プロトタイプ)

EVモーターサイクルフルカウル(Ninja)(プロトタイプ)

HEVモーターサイクル(プロトタイプ)

水素エンジン

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.