オフロードファンなら、エルズベロデオの話は聞いたことがあるでしょう。ハードエンデューロと呼ばれる特殊と思われていたレースが、今年から頂上決戦の地位を得ました。それが、WESS(World Enduro Super Series)。世界中で開催されているエクストリーム・エンデューロ、クロスカントリーレースを今年から一つのシリーズに集約したもです。第一戦、Extreme XL Lagaresがポルトガルでまもなく開催。

ポートワインの生まれた地、港町ポルトが舞台

画像1: ポートワインの生まれた地、港町ポルトが舞台

このレースは5月11日〜13日までポルトガル第2の都市、ポルトでおこなわれています。DAY1は夜におこなわれるエンデューロ。DAY2は街中の階段や、川にかけられた橋、丸太セクションなどを使ったエクストリームレース。DAY3には大きな岩盤がグリップを奪う沢や、ガレた山を使ったヒルクライムなど。大勢の観客が詰め寄せる見応えたっぷりのイベントです。

画像2: ポートワインの生まれた地、港町ポルトが舞台

注目のライダー

大きく5つのクラスに分かれていますが、何と言っても注目はプロクラス。

G・ジャービス(Husqvarna)

画像1: Photo by Marcin Kin

Photo by Marcin Kin

J・ウォーカー(KTM)

画像2: Photo by Marcin Kin

Photo by Marcin Kin

まず注目なのは、ハードエンデューロのトップランカー達。SHERCOからは昨年の優勝者W・ヤングやM・ロマン、今年からBETAに乗り換えたT・ティースデールなど若手のイキのいいライダーも名を連ねています。

C・ウェッブ(KTM)

画像3: Photo by Marcin Kin

Photo by Marcin Kin

T・ブラズシアク(KTM)

画像4: Photo by Marcin Kin

Photo by Marcin Kin

一度は引退を発表した、王者T・ブラズシアクの凱旋、そして北米ハードエンデューロシーンを牽引するC・ウェブの参入も見逃せないところ。

J・ガルシア(KTM)

画像5: Photo by Marcin Kin

Photo by Marcin Kin

N・ワトソン(KTM)

画像6: Photo by Marcin Kin

Photo by Marcin Kin

さらに、昨年はEnduroGPで活躍してきたファクトリー連中が参入。MXGPですら通用するほどの圧倒的なスピードをほこる彼らが、WESSというフォーマットでどう健闘するのか。まさに、異種混合戦の様相なのです。

いよいよファクトリーマシンしてデビューするTPI(インジェクションマシン)

画像7: Photo by Marcin Kin

Photo by Marcin Kin

マシン面でも、今年は大きな変革の年になっています。

これまでKTMやハスクバーナのファクトリーでは、TPIつまりインジェクションの新型マシンを投入せずにキャブレターで戦ってきました。しかし、みてのとおりオイルタンクがついているTPIマシンが投入されており、様々なメディアで現地からもTPIが採用されていることが報じられています。

編集部が独自で掴んだ情報では、G・ジャービスは2018年の1月からTPI仕様に切り替えるとのことでしたが、その直後4ストでの参戦を発表していました。いまここにきて、ファクトリー全員がTPIへ乗り換えているところをみると、その完成度がついに高まったと言うべきかと。

WESSの第2戦となるのは5月31日〜6月3日までオーストリアで開催されるエルズベルグロデオ。こちらには日本からエンデューロIAであり、JNCC AAランカーの石戸谷蓮が挑戦します。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ KTMのサイトはこちら ハスクバーナのサイトはこちら トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.