オンロードの鈴鹿8時間耐久とは別に、オフのハチタイにも30年以上の歴史があります。チームを組んで走ってもいいし、一人で8時間走りきるライダーはアイアンマンと呼ばれ称えられます。主催するモトパワーレーシングの店舗閉店の影響で2017年は開催を断念しましたが、今年、34回目のハチタイが開催されます。

NO RACE, NO LIFE!

画像: NO RACE, NO LIFE!

第34回 8時間パワーエンデューロ
日程:2018年7月29日(日)
会場:福島県チーズナッツパーク
エントリー:5月28日(月) 0:00〜(先着150チーム)
参加費:1名¥18,000、2名¥26,000、3名¥31,500
(別途、8H POWER ENDUROスポーツ保険¥1,850)
主催:パワーエンデューロ実行委員会

モトパワーレーシングは1981年、横浜で創業。「オンロードの8耐があるなら、オフロードの8耐があってもいいんじゃないか」と、1984年から始まった8時間パワーエンデューロは、夏の代名詞として多くのエンデューロライダーに愛されてきました。
代表の小林氏は「店はやめたってレースは続けたい。パワーエンデューロが俺の人生」と語ります。

今年の会場は福島県チーズナッツパーク。ウッズを中心とした山間コースにはガレや沢、林道といったバラエティに富んだセクションがあり、レース中にも地形が目まぐるしく変化します。8時間のレースも飽きずに楽しむことができるでしょう。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.