日本でもっとも人気のあるクロスカントリーシリーズJNCCが、ついにハードエンデューロを開催。昨今のハードエンデューロ人気と、JNCCが築いてきたクロスカントリー人気で大変な盛況が今から予想されますが、果たしてコースはどのくらいのレベルを想定しているのでしょうか。

JNCCを代表する人気コース、爺ヶ岳スキー場

画像1: JNCCを代表する人気コース、爺ヶ岳スキー場

大会名は「ジャンピンジャック」と冠され、10月の3連休の中日、10月7日に開催されます。会場となるのはJNCCのお膝元とも言える長野県爺ヶ岳スキー場。「ガレクライム」や「ロックンロールリバー」といったガレ場、そして迷子になるレベルの広大なウッズを備えたコースです。

画像2: JNCCを代表する人気コース、爺ヶ岳スキー場

JNCCによると、これまで蓄積したノウハウでガレの難易度をコントロールすることができるとのこと。当日は普段よりもさらに難しくなったコンプガレやロックンロールリバーを楽しむことができるはずです。

画像3: JNCCを代表する人気コース、爺ヶ岳スキー場

ウッズの中には急勾配の登り下りが多数存在し、開拓やレイアウト次第でいくらでも難易度をあげることは可能でしょう。

コース監修にクロスミッションの石戸谷蓮が参加

画像1: コース監修にクロスミッションの石戸谷蓮が参加

ハードエンデューロはコース難易度の調整が難しいのですが、爺ヶ岳のコースや、JNCCライダーのレベルを良く知る石戸谷蓮がコース監修に参加しています。ご存知エルズベルグロデオ経験者ならではの、誰もが納得できる、JNCCらしいハード系レースが期待できますね。

画像2: コース監修にクロスミッションの石戸谷蓮が参加

コースレイアウトはまだ未定ですが、AAGPのワイルドクロスで使われるようなタイヤセクションも検討されているとのこと。

もちろんクラスは普段のクロスカントリー同様、FUNとCOMPの2クラスを想定しており、参加者のレベルによってクラスの選択が可能です。JNCCは今後も定期的に年1〜2回はハード系レースを開催していきたいとのこと。

JNCC HARD-G 爺ヶ岳「ジャンピンジャック」
日程:2018年10月7日
会場:長野県爺ヶ岳スキー場
エントリー:9月4日〜10月1日

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.