関東でも徐々に根付いてきているハードエンデューロ文化。特にこの成田夏祭りは見て楽しい、参加して楽しいイベントで毎年大人気なんです。コースの走行料+1000円で参加でき、当日受付のみという気軽さも人気の秘密。

安心のクラス分け「たまご」クラスにはウーマンクラスも

「トサカ」「ひよこ」「たまご」とユニークな名前のクラス分け。「トサカ」は中・上級者向けでエンデューロコースとモトクロスコースをつないだ、本格的なハードエンデューロが体験できます。「ひよこ」は「トサカ」よりも難易度を下げた初級向け、そして「たまご」はエンデューロコースのみを使ったプチハードエンデューロです。

画像: こちらは昨年の成田夏祭りの試乗車です

こちらは昨年の成田夏祭りの試乗車です

レースが行なわれるのは12:30〜15:10の間だけなので、その他の時間はフリー走行もできますし、SHERCOの最新モデル試乗会やライダーズカフェ「Hot Choco Cafe」の出店も。

成田夏祭り 2018
日程:2018年9月2日(日)雨天決行
会場:千葉県成田MXパーク
エントリー:¥1,000/1レース(別途コース走行料¥3,000/男性、¥2,000/女性)
運営:成田MXパーク
協力:デコボコフレンズ
タイムスケジュール
12:30〜13:00 ひよこクラス(定員:50台)
13:30〜14:10 トサカクラス(定員:40台)
14:40〜15:10 たまごクラス(定員:35台)

ひよこクラスの難易度がよくわかる動画

えー。実は去年の成田夏祭りで私も「ひよこ」クラスで初ハードエンデューロでした。おはずかしながらその時のヘルメットカメラ動画をシェア。当時はまだ希少なBeta RR2T250の2018モデルを一回転させています…。

また、「たまご」クラス、「トサカ」クラスに関しては写真で難易度をお察しください。

たまごクラス(ハードエンデューロ体験レース)

画像1: たまごクラス(ハードエンデューロ体験レース)
画像2: たまごクラス(ハードエンデューロ体験レース)
画像: 安心してください。ちゃんとエスケープがありますよ。

安心してください。ちゃんとエスケープがありますよ。

トサカクラス(中・上級者向けハードエンデューロ)

画像1: トサカクラス(中・上級者向けハードエンデューロ)
画像2: トサカクラス(中・上級者向けハードエンデューロ)
画像3: トサカクラス(中・上級者向けハードエンデューロ)

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.