日産のバンシリーズは、現在「NV」の頭文字をあたえられ、大小ラインナップされている。

「N」はNew generation(ニュージェネレーション:新世代)、「V」はVehicle(ビークル:乗り物)、「200」は車格を表します。

で、つい先日提携しているルノー社と共同で声明を出しており、日産はフランスにおいてバンの生産を拡大すると報じられ、さらに次期新型カングーベースの貨物車「NV250」の存在も明らかにされた。

画像1: 日産の開発中NV250が、最高のトランポになる可能性

NV250ってことは、いま日本で販売されているNV200つまり「バネット」より少し大きめ、さらにカングーなみに洗練された外見を持っているのではないか…。

カングーは様々な仕様が考案されている

2002年、ルノーは思いきったカングーのコンセプトを打ち出した。

画像1: カングーは様々な仕様が考案されている

ピックアップである。こちらは市販化はされなかったものの、ある意味理想の遊び車。

画像2: カングーは様々な仕様が考案されている

2WDながら、走破性を高めたX-Trackもおもしろアイデアだ。

一方で、日産側のNV200も様々なバリエーションがサポートされていて、昨今ではe-NV200も話題。

画像3: カングーは様々な仕様が考案されている

ルノーと日産の協同で、バンのカテゴライズが崩れる可能性に期待したい。

画像4: カングーは様々な仕様が考案されている

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.