日本最大級のクロスカントリーシリーズJNCCが、2019年の変更点を発表。競技規則の見直しやライセンス制度について、昇格条件の変更などがあるが大きなものとしては…

FUN-GPにSAクラスを新設

画像: 「北の鉄人」の異名をとるベテラン、山本正

「北の鉄人」の異名をとるベテラン、山本正

数多くのベテランライダーが、トップクラスで活躍するFUN-GPでは、55歳以上のFUN-Aライダーを対象にSA(シニアA)クラスを設立。FUN-GPの中ではレジェンドとして扱われ、名誉あるクラスになる。

画像: 神馬健は61歳、若い頃からエンデューロに打ち込んできたライダー

神馬健は61歳、若い頃からエンデューロに打ち込んできたライダー

神馬健は2018年2度のFUN-Aクラス優勝もあり、年間ランキングでも2位につけている。SAクラスの初代チャンピオン候補筆頭。息子さんの神馬匠も、2019年からAAへ昇格したことで、長年の親子参戦を称え、メディア大賞を受賞したばかり。

GNCC派遣はCOMP総合とFUN総合に

毎年行われているクロスカントリーの本場アメリカのGNCCへのライダー派遣。これまでは「COMP総合の最高位者(既派遣者を除く)」と「FUN-WAAライダー最高位者(既派遣者は除く)」だったが、FUNはウーマンクラスに限らず「FUN総合最上位者(既派遣者を除く)」に変更。
※ただし、女性ライダーに対しては総合ランキング10人のジャンプアップ制度あり。

画像: JNCC2018FUN-A年間ランキング1位の湯浅将司

JNCC2018FUN-A年間ランキング1位の湯浅将司

これでチャンスが巡ってくるのはFUN-Aクラスの上位ライダー。現在のところ有力候補としては2018年FUN-Aランキング1位の湯浅将司や、FUN-Bクラスながら最終戦AAGPでその湯浅を破って総合優勝を決めた横山悦之らが挙げられる。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.