皆さんはCGCをご存知でしょうか? 中部地方を中心に開催されているハードエンデューロシリーズで、SNSで話題になっていることからオフロードライダーだけでなく、オンロードライダーや、ツーリングが好きなライダーにも広く認知されてきています。
画像: FMXライダーDAICEが、ハードエンデューロG-NETに出てみたら一周しちゃった

今回、そんなCGCのエントリーリストにフリースタイルモトクロスのトップライダー「DAICE(鈴木大助)」の名前がありました。

初のハードエンデューロでG-NETクラス参戦

画像1: 初のハードエンデューロでG-NETクラス参戦

彩かなグリーンで完璧に仕上げられたYZ125は、コースの激しさで外れてしまう前からフロントゼッケンを外し、やる気満々。ウェアやヘルメットもグリーンで統一し、どんなレースであろうとも「魅せる」ことを忘れません。
※すみません、悪ふざけが過ぎました。ノーゼッケンは、FMXならではのマシンビルドです。

画像2: 初のハードエンデューロでG-NETクラス参戦

レース後に「ガレは苦手」と語ってくれたDAICEさんですが、巧みにマシンを前に進め、かなり早い順位で最初の難関セクションを通過。前半の山に突入していきました。

FMX仕込みのテクニック!

画像1: Photo by so4

Photo by so4

レース前に下見を終えたDAICEさんにお話を伺うと

「いやもう、最初のセローヒル? あれが登れる気がしないですもん」

と言っていたのですが、始まってみればなんのその。

Photo by so4

初めてのG-NETで魂の一周!
「新しいバイクの遊び方を教えてくれた第3ヒートに感謝」

今年の1月、FMX SHOWCASE主催の「ワダポリスジャム」がCGCと異色のコラボを実現。イベント内でタイムアタックチャレンジを行い、大きな盛り上がりを見せました。また、SNSでもハードエンデューロ的な練習風景を公開しており、いつかCGCに出てくれるのではないかと密かに期待していたのですが、まさかいきなりG-NETクラス参戦。
※FMX SHOWCASE:DAICEさんの会社が運営するイベント

画像: レース終了後、チャンピオン・ロッシと握手を交わすDAICEさん

レース終了後、チャンピオン・ロッシと握手を交わすDAICEさん

DAICEさんは見事、魂の一周を達成。G-NETクラス40人がエントリーした中、一周できたのは24人だけ、リザルトは17位でした。「G-NETの中でもかなり難しいコースでした。今日のコースを一周できたら、立派なG-NETライダーですね」と和泉拓も評価するほど。

画像: 左から鈴木友也、DAICE、河村広志(敬称略)

左から鈴木友也、DAICE、河村広志(敬称略)

DAICE
「スラムパーク瀬戸を拠点に練習をしていて、第3ヒートの鈴木友也さんにこういう遊び方を教えてもらいました。明後日くらいには楽しかったと思えるんじゃないかな(笑)。いや、でも本当に面白かったです。他のライダーがみんなすごく上手くて驚きました。どんな練習したらあんなに上手くなれるんだろうって。

最後のヒルクライム「イゴイゴヒル」っていうのがものすごく難しくて。あそこに1時間くらいいたんじゃないかな。でも一周できてよかったです。絶対にもう一回出ますよ!」

画像: 第3ヒート 58周目 youtu.be

第3ヒート 58周目

youtu.be

最後にDAICEさんがゲスト出演した「第3ヒート」58周目をシェア!

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMキャンペーン Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.