via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

ノーマルもかっこいいけど、アップにしたいよ

画像1: ノーマルもかっこいいけど、アップにしたいよ

ノーマルのマフラーは、これはこれでカッコイイ。基本的に、スタンダードのクオリティはとてもとても高い。でも、アップにしたい…。

画像2: ノーマルもかっこいいけど、アップにしたいよ

そこで物欲に身を任せたお品第一弾がこちら。バレル管だ。

わずか2年だけ生産されていたオレンジ色のKLX250に乗っていたときも、お世話になったのはデルタのバレル4だった。2004年くらいだろうか。それから15年ほどたって、デルタのバレル4が、現22歳の若者バイト坂井君に「バレル管」と呼ばれていたことに、僕は驚きを隠せない。デビル感とか、ヨシムラ管とか…そのくらい「バレル管」は有名になってしまったのだ。なぜデルタ管でないのかはようわからんけども。

画像3: ノーマルもかっこいいけど、アップにしたいよ

税込み¥46,440のフルエキパッケージがコチラ。オシャレなパイプガードがイイ。

画像4: ノーマルもかっこいいけど、アップにしたいよ

マフラーなんて、3本ボルト外せばええんやろ。と高をくくってDIY開始。だが、実際にはわりと面倒で、1時間は覚悟したほうがいい。そもそも、サイドスタンドを外さないと、スタンダードのマフラーを取り外せないのだ。

画像5: ノーマルもかっこいいけど、アップにしたいよ

純正を外して比較してみた。ミッドパイプにあるのは、キャタライザー。パイプの曲がり角は、純正よりもスムーズだ。

画像6: ノーマルもかっこいいけど、アップにしたいよ

ダウンマフラーがアップマフラーになるので、管長は長くなる。これってもしかして、もっと散歩感でて楽しくなるんじゃない?

画像3: クロスカブ主になった。 vol.2「バレル管のアップマフラーで、もっとオフっぽくしてみた」
画像4: クロスカブ主になった。 vol.2「バレル管のアップマフラーで、もっとオフっぽくしてみた」

ちょっと1Tip。エキゾーストを交換する場合、ぜひ無水エタノールをご購入いただきたい。火を入れる前に無水エタノールで拭いてキレイにすると、焼けがキレイにキマルのだ。実は、このネタは某超有名ブランドさんから教えていただいた。

画像7: ノーマルもかっこいいけど、アップにしたいよ

いいね、いいねー。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.