KTMの2020モデル試乗会において、2009年JECチャンピオン池田智泰が特にお気に召したのが250EXC-Fだ。2020年モデルではフルモデルチェンジ、初心者から上級者まで幅広いレベルのライダーを寛大な包容力で受け入れてくれるマシンに仕上がっている。上級者…というところが、本稿のキモだ。

レーサー初心者にも安心してオススメできる

画像: レーサー初心者にも安心してオススメできる

250EXC-Fは僕もサンデーライダー代表として試乗させてもらった。まず驚いたのはエンスト耐性の高さ。撮影のために何度かUターンして同じ道を行き来したりもしたのだが、回転を落としても全くエンストの気配すらない。さらに僕は練習を終えてバイクを降りる際に、わざとクラッチを離してエンストさせて止まるクセがあるのだが、250EXC-Fで無意識に同じことをやろうとしたら、エンジンが止まらなくて焦ったくらいだ。

旧モデルに乗った時にも感じたのだが、エンジン特性がものすごくマイルドでまるでトレールマシンに乗っているかのような安心感があり「これならレーサー初心者にも安心してオススメできる」と感じた。以前は「そこが少し物足りないかも…」と身の丈に合わないことも感じた僕だったが、2020モデルは開けた時の楽しさも十分に感じることができたのが新鮮だった。

近年、2ストロークのエンデューロマシンもだいぶ低回転が扱いやすくなっているが、とはいえ林道ツーリングに使いたいかと言われると、やはり高回転のパワーの出方がレーシーで、対向車も来るし何が起きるかわからない林道では少し緊張してしまう。しかし、この250EXC-Fならば全く問題がないどころか、軽量さやサスペンションの性能の良さ、ブレーキング性能の高さからトレールマシンよりも安全なのではないかとすら思える。

エンスト耐性の高さからトコトコとトレッキングもできるし、元気よく攻めて走ることもできる。僕のような、レーサーのエンジンパワーを使い切れずにマシンに振り回されてしまうことがあるライダーには、この250EXC-Fが最適解なのかもしれない。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.