久々のクロスカブ連載。忘れてたわけではなく、いや、むしろ毎日乗っている。クロスカブで流す中野の街は、とってもきもちがいい。最近は、タンデムできるようにしたもんで、こいつを北海道まで持って行って、7歳の息子と#パパツーしてきちゃったりした。最高です。今日は、タイヤを変えてみた話題について。

画像: クロスカブ主になった。 vol.4「そのままハマるブロックタイヤ発見。漲る圧倒的オフ感」

早速出しちゃおう。これだ。純正サイズで、すぽっとはまる。

IRC
FB3

FRONT/REAR

10148C2.75-17 41PWT

何をかくそう、このFB3はCT110つまりハンターカブの純正装着タイヤ。見ての通りで、クロスカブのオフ色が一気に高まる。あぁ、土の上走るやつですよね、って思える。クロスカブを手に入れたら真っ先にやりたかったんだけど、かなり時間が経ってしまった。

画像1: IRC FB3

クリアランスもバッチリ。何の問題もない。

画像2: IRC FB3

溢れるオフロード感…。

画像3: IRC FB3

前後共通で、パターンはこんな感じ。しっかりブロックタイヤである。公道を走ってみると、タイヤのプロファイルがスタンダードよりも、だいぶ角張っているのを感じる。倒しこむ感触は、明らかにブロックタイヤのソレだ。紛れもなく、こいつは今オフ車になった。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.