via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

ヤマハが向かう先

YZ250FXは、とても特殊な立ち位置のマシンだ。

まずもって、世界でも類を見ない後方排気エンジン。その異形のユニットは、底なしのポテンシャルを持っているのだが、それをいわばアマチュアのレーサーに提供するため、日本のマーケットに照らし合わせた落とし込みをした。この10年以上、空前のクロスカントリーブームが日本で続いており、YZ250FXは競技専用車として異例のヒット作だと言える。かつて、世界を席巻した名車5バルブのWR250Fは、エンデューロのマーケットを作り替えた。そしてそのDNAを受け継いだYZ250FXはクロスカントリーのマーケットを創出したのだ。

セルボタンを押した瞬間に、攻撃的なノイズが聞こえる。股下すぐそばにある吸気口もその迫力に寄与している。エンジンのピックアップのよさも手伝って、おそらく多くのビギナーは「パワフルさ」を感じるだろう。

画像: ヤマハが向かう先

だが前述したとおり、このニュージェネレーションのエンジンは自由自在だ。オフロードマニアたちが、思う存分に土と戯れられるように、様々な要望に応えられる「素材」として純度がとても高い。おそらく、このマシンであれば、今までセローからレーサーに乗り換えたくともなかなか勇気がもてなかったライダーも、その乗り換えを決めることができるだろう。モトクロッサーのモアパワーが捨てがたく、YZ250FXを選べなかったライダーも、選べるようになると思う。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.