2018年、真夏のJECライツにセローで挑戦した記録

画像1: 2018年、真夏のJECライツにセローで挑戦した記録

仕事場であるスタジオに、おもむろにセローを寝かせる俺。そう、クラッチにリテーナーをインストールするのだ。セローは、2017年に妻の通勤バイクとして買ったもの。土の上で使っているのは、100%俺。俺様です。

画像2: 2018年、真夏のJECライツにセローで挑戦した記録

これが、クラッチのスプリングリテーナー。純正より精度が出ていることで、クラッチが正しく動作するというシロモノ。

たしかに、KTMに普段乗ってて、トレールに乗り換えた時に感じるのって、パワーや軽さもあるけど、クラッチのだるさが大きい。しゃきっとしてくれれば、絶対気持ちいいはずなので、ずっといれたかったのだ。実に楽しみ。

セローはクラッチカバーって概念がない(右クランクカバーを全部あける)ので、結構交換が手間だった。いま思い出したけど、オイルライン繋ぎ忘れてるわ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.