via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

カテゴリーの枠を超えた、あるべき近未来の姿をデザインカンパニーキスカは描く。近未来カフェレーサー、ビットピレン。スクランブラーの再定義、スヴァルトピレン。では、アドベンチャーバイクを作ったとしたら…? これが答えだ。ノーデン901コンセプト。ハスクバーナでは“this new twin-cylinder machine is Husqvarna Motorcycles’ first ever tourer machine”と表現、アドベンチャーというカテゴライズはしていない。

あまりの美しさにメディアがどよめいた

画像1: あまりの美しさにメディアがどよめいた
画像2: あまりの美しさにメディアがどよめいた

EICMAのハスクバーナのブースは、いささかビットピレン・スヴァルトピレンよりなのかな、と思えるものだった。ティザーがあらかじめ出ていたモノの、アドベンチャーバイクはあまり予想為れていなかったに違いない。あるいは、701エンデューロにラリーテイストで仕上げたマシンがあってもおかしくはないだろう。

画像3: あまりの美しさにメディアがどよめいた

アドベンチャーバイク、というコンセプトは車体をみればよくわかる。でも、アドベンチャーがキスカによって再解釈されていること、これがいわばピレンファミリーに通ずるところだと感じた。

画像4: あまりの美しさにメディアがどよめいた
画像5: あまりの美しさにメディアがどよめいた

特徴的な、ヘッドライトまわり。

画像6: あまりの美しさにメディアがどよめいた

DUKE890をベースとしていると思われるものの、鋳型を異にするクランクカバー周辺。このあたりふくめ、まるで市販車のような仕上がりだ。排気量は889.5ccとの発表。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.