EICMAにてアンベールされたSUZUKIのアドベンチャーツアラーV-STROM1050/XT。そのスタイルが1988年に発売されたDR750Sをモチーフにしていることはすでに速報でお届けした通りだが、ではその性能はどうなのだろうか。

XTにはクルーズコントロールつき!!

画像: SUZUKI V-STROM1050 XT

SUZUKI V-STROM1050 XT

スポークホイールを装備し、ナックルカバーやアルミ製アンダーカバーなどを装着したV-STROM1050 XTにはファン待望のクルーズコントロールがついた。さらにヒルホールドコントロール機能も追加され、坂道発進のストレスを解消。重量のあるリッターマシンには嬉しい機能だ。

画像: XTにはクルーズコントロールつき!!

モニターもフル液晶モニター化され、ライダーがコクピットから得られる情報量も増えている。

画像3: 怒濤EICMA・XTにはクルーズコントロールも。V-STROM1050を解析

従来モデルでは工具が必要だったスクリーンの調整もバックルを緩めることで動かすことができるように。さらに大きく変更されたヘッドライトの形状。どこかで見覚えが…そう、今年リリースされてオンロード界で話題沸騰の新型KATANAのヘッドライトが採用されている。

そしてこちらのV-STROM1050/XTは11月10日にスズキ本社にて開催されるV-STROMミーティングで国内初お披露目の予定とのこと!

V-STROM 1050V-STROM 1050 XT概要
装備S.I.R.S
(スズキインテリジェントライドシステム)
電子制御スロットル
SDMS
(スズキドライブモードセレクター)
出力特性を3つの中から選択可能
トラクションコントロール3段階から選択可能(解除可能)
スズキイージースタートシステムワンプッシュでエンジン始動が可能
ローRPMアシストスムーズな発進を補助
ヒルホールドコントロール上り坂で停止後の発進時に車両後退を抑制
スロープディペンデントコントロール下り勾配に応じてABSの制御を最適化
ロードディペンデントコントロール車両の荷重状態に応じて制動力を補正
モーショントラックブレーキコーナリング時に車体のバンク角に応じてABSを制御
クルーズコントロールスロットルを回さずに、設定した一定速度で走行
ホイールキャストホイールワイヤースポークホイール
ウインドスクリーン高さ3段階調整(工具必要)高さ11段階調整(工具不要)
その他USBソケットUSBソケット、12Vアクセサリーソケット、ナックルカバー、アンダーカウリング、アクセサリーバー、センタースタンド
諸元全長(mm)2,265
全幅(mm)870940
全高(mm)1,5151,465
ホイールベース(mm)1,555
装備重量(kg)236247
エンジン型式1,037cm3
水冷4サイクル
90度Vツインエンジン
最高出力79kW/8,500rpm
最大トルク100Nm/6,000rpm
燃費20.4km/L(WMTC)

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.