EICMAにてアンベールされたSUZUKIのアドベンチャーツアラーV-STROM1050/XT。そのスタイルが1988年に発売されたDR750Sをモチーフにしていることはすでに速報でお届けした通りだが、ではその性能はどうなのだろうか。
画像2: 怒濤EICMA・XTにはクルーズコントロールも。V-STROM1050を解析

電子機能満載のハイテクマシン

画像: SUZUKI V-STROM1050

SUZUKI V-STROM1050

開発コンセプトは「The Master of Adventure(冒険の達人)」。街中から高速道路を抜け、山岳地帯のワインディングまであらゆる場面で快適に走りを楽しむことができる、まさにスポーツアドベンチャーツアラーだ。

画像1: 電子機能満載のハイテクマシン

搭載している水冷Vツインエンジンの排気量は1037cc。実は現在日本で発売しているV-STROM1000の排気量は1036ccあるので、その差はわずか1cc。電子制御スロットルを採用し、吸排気のタイミングを調整することで出力を向上させている。当然、2020年1月からヨーロッパで始まる排ガス規制ユーロ5に適合している。

また、3段階からレベルを選択可能なトラクションコントロールや、シーンに合わせてエンジン特性を変更できるS.I.R.S(スズキインテリジェントライドシステム)を採用。

画像2: 電子機能満載のハイテクマシン

シートはセパレート式に変更されスタイリッシュに。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.