via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

先日お届けした390アドベンチャーには、日本の排気量セグメントに有利な250ccもラインアップされていることが発表されている。

画像1: 怒濤EICMA・実は250もあった、KTM 250アドベンチャー

RCや、DUKEと同様の250・390の兄弟車ラインアップということになる。EICMAで激写した390アドベンチャーをベースに、解説していこう。

画像2: 怒濤EICMA・実は250もあった、KTM 250アドベンチャー

250ccユニットは、単気筒のバランサー入りDOHC。扱いやすさと、スポーツ性あふれるKTMの名エンジンだ。スリッパ—クラッチをスタンダードで装備しており、不要なバックトルクを逃がしてくれる。

画像3: 怒濤EICMA・実は250もあった、KTM 250アドベンチャー

ダウンマフラーは、兄貴分の790などと同様に出口で上に曲がるスタイル。RC250やDUKE250から想像するに、軽い乾いた排気音が推測される。どちらかというと、ロードマシンゆずりのエンジンだとも言える。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.