via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

11月11日(月) ポルトガル・ポルティマン
第94回FIMインターナショナルシックスデイズエンデューロ 競技第1日

リアル・シックスデイズ

画像1: リアル・シックスデイズ

南米チリでの開催となった2018年大会からドラマの舞台は欧州に戻ってきた。かつてダカールラリーの舞台ともなったポルティマンの気候、地形は、しかしチリのそれにも良く似て、乾燥した砂漠、土漠が広がる大地。砂、岩、そしてダストがエンデューロライダーたちを試す。初日のルートはトータル280km、スペシャルテストは全部で7本、走行時間は8時間に及ぶ。

画像2: リアル・シックスデイズ

ISDEでは、250〜300kmのルートを1日1周するフォーマットの年と、150km程度のルートを1日2周する設定の年があるが、今年は後者。2周目には荒れたコースを走ることになるという点で、1日1周の時よりもタフな競技になると言われているが、夕方のパルクフェルメに戻ってきたライダーの表情には、その過酷さが滲み出ているようだ。長い1日。しかし、まだ1日が終わったに過ぎない。あとまだ5日間、1200kmの走行距離がライダー、そしてチームを待ち受ける。

日本代表を、信じろ

画像1: 日本代表を、信じろ

これまで、日本代表はシルバーメダルどまりだった。本気でゴールドメダルを目指す、と宣言した2017年の鈴木健二も、1日目にしてその距離に諦観を表していた。つまり、これまでシックスデイズでゴールドを見込めた人間はいなかったのだ。

画像2: 日本代表を、信じろ

ところがどうだ。一発目のテストで、日本人で一番最初にきた渡辺学の走りは、まさに「シックスデイズトロフィー」のスタンダードそのものだった。実際、今回は釘村がゴールドメダル圏内で1日目を終え、渡辺も当然狙える位置にいる。これからの躍進に、ぜひ期待したい。

画像3: 日本代表を、信じろ
画像4: 日本代表を、信じろ
画像5: 日本代表を、信じろ
画像6: 日本代表を、信じろ

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ トライアンフのサイトはこちら FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.