画像: コンセプト

コンセプト

画像3: 市販予定車

市販予定車

フロントブレーキは、1POTから2POTへ変更。コンセプトモデルはフォークのアクスルがブロックのセンターにあるが、製品版(仮)は前方のいわゆる「カブ式」。なお、コンセプトともにABSが装備されていることがわかる。ブレーキディスクのボルト数からいっても、フロントまわりはごっそり変更がかかっている。

画像1: Honda CT125ハンターカブ 2020年6月発売予定・44万円前後(税込)予定

同時発表されたC125のフロントブレーキは、これまでどおりの1POT。

画像2: Honda CT125ハンターカブ 2020年6月発売予定・44万円前後(税込)予定

コンセプトが発表された際に話題にあがったリアのディスクブレーキ(C125はドラム)は、市販予定車でも継続。タンデムステップが追加されている。

画像3: Honda CT125ハンターカブ 2020年6月発売予定・44万円前後(税込)予定

前後ブレーキともに、形状はモンキー125とほぼ同様だ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.