via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

長距離運転が日常的なトランポユーザーからすると、アダプティブクルーズコントロールや、レーンキープアシストは、のどから手が出るほど欲しい装備だろう。だが、依然ハイエースやキャラバンの先進装備はアップデートされていかない。そこで、セレナに乗り換えても…いいんじゃないか。そんな気さえしてきたのだった。

画像: セレナのトランポ感極まる、床張り&マルチベッド付きが日産から発売

NISSAN
セレナ・マルチベッド

車種 駆動 エンジン ベース車グレード 定員(人) ミッション 価格
マルチベッド 2WD MR20DD-SM24 XV 5 エクストロニックCVT 3,231,800
ハイウェイスターV 3,481,500 ☆
HR12DE-EM57 e-POWER XV 4 3,721,300
e-POWER
ハイウェイスターV
3,994,100
4WD MR20DD-SM24 XV 5 エクストロニックCVT 3,480,400
ハイウェイスターV 3,746,600

そう、プロパイロットが搭載された日産セレナに、床張り&マルチベッドを搭載した仕様が発売されたのだ。この仕様は、過日のオートサロンでも展示されており、ベッドキットにはオグショーの名前がタグに入っていたのを確認している。このきっちりした仕上げは、きっと我らがオグショーのものに違いない。

画像1: NISSAN セレナ・マルチベッド

いわゆるC27とよばれる最新型セレナは、まだトランポ仕様にしているライダーも稀な車種だが、ここまでしっかり作り込んであれば、そう難しくはないはず。もちろんミニバンだから、広々した完璧なトランポとしては難もあるだろうが、わりきれれば最高の遠征トランポになるし、さらには家族にもウケがいい。

画像2: NISSAN セレナ・マルチベッド
画像3: NISSAN セレナ・マルチベッド
画像4: NISSAN セレナ・マルチベッド

昔から、ミニバンはある種のトランポユーザーにとって、とてつもなく大きな魅力を放つ。編集部のような長距離運転を強いられるユーザーにも、これは福音というべき仕様だ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.