新型コロナウイルスによる影響で開催が危ぶまれていましたが、条件付きで開催となりました。

JNCCからのコメント

☆ コロナウィルスによる JNCC 開幕「サザンハリケーン大阪」 開催可否につきまして ☆

2月26日 政府発表による「全国的な スポーツイベント などは大規模な感染リスクがあることを勘案し、今後2週間は中止・延期 または 規模縮小等の対応を要請 する」を受けまして、JNCCは競技検討を重ねた結果、現時点で下記の方針でいることをお知らせいたします。
多くのメジャースポーツイベント中止の報を聞き一時は JNCCも同様に「開幕 サザンハリケーン大阪」の中止に踏み切ろうとしましたが、モーターサイクルレースという競技の性格において「競技者同士の濃厚接触の可能性が低く」「出場者においては観戦リスクの高い公共交通機関を利用しない」という特徴があり、 観客観戦を規制させていただきプロ野球同様に「無観客レース」にすれば、政府の方針「開催規模縮小の対応」に添いながら開催が可能ではないかと考えました。
もちろんこれは開催ありきで何がなんでも理屈つけても開催するというものではなく、競技志向レースを常にポリシーとして掲げてきた JNCCであるからこそ シリーズの開幕戦は非常に重要であり、開催実態にて他のメジャースポーツとは異なり感染リスクを軽減出来るものであるのなら、いつ終息するかわからないコロナ危機の状況下において、それを実際に示すことが モーターサイクル界 への使命ではないかと考えました。

ただしこの方針は現時点の方針であり、コロナウィルス危機の フェーズ(局面)が深刻方向に進んだり 新たな行政規制が施行されれば「開幕サザンハリケーン」中止も大いにあり得ますが、その点はどうぞご理解ください。(*その後の行政規制が行われれば変更の可能性もありますが、JNCCとしての開催可否の最終決定は3月3日 火曜日 に行い、即時告知いたします)

なお「競技思考レース故に観客規制を行っても開催する」という方針に則り、誠に残念ではございますが 土曜開催の「 FCX チャイルドクロス」と 日曜の「キッズ & トライ」は 今回に限り中止とさせていただき(集団で行う土曜の下見ツアーも中止)、「開催規模縮小の対応」を一層進めさせていただきます。

最後に このような状況にありながら現時点のエントリーは400台に迫る状況であり、通常エントリー締切日には70台を超えるエントリーを頂き、コロナウィルス危機による出場辞退連絡は、現時点で1件も入っていません。 この状況は多くのエントラントが開幕戦開催を願われているのだろうと誠にありがたく解釈させていただいておりますが、開幕戦を行うからといってけっして出場を要請するものではございません。 今大会は JNCC15年の歴史の中でも初めての特殊なケースであり、大会出場にあたり感染リスクが全く無いわけではございません。 あくまでも電車やバスや飛行機などの利用よりもリスクが低いだろうと考えの下 政府方針に添って開催規模を縮小して行うものですから、感染リスクを懸念され出場を辞退されたい方は遠慮無くご連絡ください。 今回は特殊事情でございますので、エントリーフィーは全額即時返金させていただきます。

2020年2月27日
JNCC 代表 星野正美

クラスが無くなった方、まだまだチャンスがあります!

JNCCは3月2日(月)までレイトエントリーを受付中
この機会にクラスアップしてみませんか?

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.