練習やレースの後にすぐ洗車できるエンジン付き洗車機、愛車をキレイに維持したいライダーにとっては、いつかは欲しい贅沢なアイテムです。しかし、高価なためなかなか手が出ない……という人も多いでしょう。そんな人にオススメなのがABIT-TOOLS監修のもと蔵王産業から新しく発売したコイツなんです!
画像: オフロードバイク好きな工具屋さんが監修した
エンジン付き洗車機がお買い得な4つのワケ

蔵王産業
エンジン式高圧洗浄機 Vittorio ZE
¥39,800(税抜)
吐出圧力:10MPa
吐出水量:6.0L/min
エンジン排気量:87cc
燃料タンク:1.6L(稼働約1.5時間)
本体寸法:335×390×470mm
本体重量:16.4kg

オススメな理由① 販売価格だけじゃない、低コスト!

こちら価格はなんと¥39,800(税抜)。電動ならたくさんありますが、4万円を下回るエンジン式洗車機はちょっと今まで聞いたことありませんでした。しかもコレのコスパが良い理由はそれだけじゃないんです。

画像: オススメな理由① 販売価格だけじゃない、低コスト!

この手の洗車機で悩ましいのがやはり、お手入れ・修理なんですね。毎週使っていると当然ですけど、調子が悪くなったり、壊れたりします。そして、その原因の多くがポンプ部分。いつも必ずキレイな水道水を使える訳ではありません。砂や泥が混じった水を吸い上げれば、そりゃあメンテは必要になってきます。でも、バイクのメンテはしっかりしても、洗車機のメンテまでとなるとなかなか頻繁にできる人は少ないんじゃないでしょうか。

既存のエンジン式洗車機は、大抵故障するとメーカーに発送して直してもらって、戻ってくるまでに数週間から数ヶ月。しかも修理代が新品を買えるくらい高額だったり……。そんな問題点を解決するためにABIT-TOOLSが拘ったのが、ポンプシステムを取り外して交換できるようにしたことなんですね。これによってポンプ故障時の修理代が格段に安くなり、さらに修理の待ち時間も不要になるという、画期的なアイデア商品なんです。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.