画像5: ハンドル周りも、トライアル的にブラッシュアップ

グリップはZETA レースグリップに変更されています。他のモデルに比べて手が疲れにくいのがミソ。

YouTube

youtu.

バーエンドは固定タイプではなく、スロットルに合わせて動く共回りタイプになっています。その理由はグリップの間に泥や砂が入ってしまい、スロットルが戻ってこなくなってしまうのを防ぐためとのこと。動画で見るとしっかり動いているのがわかりますね。

画像6: ハンドル周りも、トライアル的にブラッシュアップ

ブレーキアジャスター(セロー用)で、工具いらず。手で簡単に遊び調整が可能に。コチラもアベ精工製。

画像7: ハンドル周りも、トライアル的にブラッシュアップ
画像8: ハンドル周りも、トライアル的にブラッシュアップ

オイルフィラーキャップ、エンジンプラグはドレスアップと軽量化を兼ねてZETAに。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.