アドベンチャーバイクが隆盛を誇る、近年。当たり前の話ではあるんだが、リッタークラスだけでなく800cc近辺のミドルクラスでもなかなか手強いし、ハードルも高い。そんな理由もあって、たとえばVストローム250が売れるのは、すごくよくわかる話で、しかしもう少し余裕が欲しい…とも思う。わがままなのが、ライダーだもの。そこで、隙間にすぽっと入るKTM390アドベンチャーはどうだろうか。

画像: 390らしからぬ余裕と、シャープなレスポンス。KTM390アドベンチャー試乗記

KTM 390Adventure

痛快な390ユニット

画像: ボア×ストロークは89×60mm。いわゆるショートストローク

ボア×ストロークは89×60mm。いわゆるショートストローク

390デュークがデビューした際、実車を目の当たりにして「このバイクはヤバイ」と直感した。125クラスの小さなフレーム、短いホイルベースに、373.2ccの水冷単気筒エンジン。ボア×ストロークは89×60mmと相当なショートストロークに、圧縮比12.5:1。あのKTMが仕立てたとなれば、このスペックで心躍らずにはいられない。楽しすぎて危ないんじゃ無いかと思ったほど。こんな小さな車体に、ショートで元気なエンジン積んだらいかんだろう! 実際のところ、390ユニットは実に痛快だった。ビュンビュン回って、中速域のモリモリトルク。44psも出てるんだって?

画像: クイックシフター、スリッパ-クラッチとの相性もいい

クイックシフター、スリッパ-クラッチとの相性もいい

あらためて、そのKTM390ユニットを積んだ、390アドベンチャーに乗ってみると、その痛快な印象は大きく変わらない。そして、この390ユニットに共通するのだが、筋こそ違うものの、我々が慣れ親しんだEXCシリーズを彷彿とさせる。少し大袈裟かもしれないが、高めのギヤでカンカンと出る音は、あまりゆったりしたクルージングを楽しませてくれない。ある程度まわしながら、豊かなトルクを急激に変化させてメリハリよくアクセルをあけろと、バイクが語りかけてくるようだ。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.