トライアルでは、昨今クラッチをチューニングすることが常識になりつつあるそうです。クラッチをチューニングって、一体どういうことなのか…。トライアルのトップライダーも御用達のクラッチショップ、工房きたむらにて、セロー225を題材にその極められし秘技を取材してきました。これを読み終わる頃にはクラッチチューニングしたくてウズウズしていることを約束します。
画像3: クラッチの安定性を生み出すヒミツ

使用するボルトはクロモリ製の皿ネジに変更しています。首の部分がテーパー形状なので、締め付けていけばしっかりとセンターが出るのです。純正にくらべて精度が上がるというわけ。このボルトも振動を抑えるキーアイテムというわけなんですね。

画像4: クラッチの安定性を生み出すヒミツ

ボルトを締める時は、まず締め切れるところまで締めてから、1/4回転戻します。で、クラッチレバーを操作してクラッチ自体を動かすことで、芯だしできます。で、本締めすると、精度が出ます。でも、実はそれだけじゃないんです!

北村さんの詳しい解説動画はコチラ

画像: YAMAHA SEROW250 tricker XT250X WR250R(X.F) YZ250F(FX) YZ125 SY250F 等用クラッチスプリングリテーナー 工房きたむら www.youtube.com

YAMAHA SEROW250 tricker XT250X WR250R(X.F) YZ250F(FX) YZ125 SY250F 等用クラッチスプリングリテーナー 工房きたむら

www.youtube.com

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.