CRF450Rが変われば、当然CRF450RXも変わるだろう。今回、思い切り攻めた構成でデビューした21モデルは、むしろXCにこそマッチするのではないか。

スーパースリム、17.7mmものシュラウド幅削減

画像1: スーパースリム、17.7mmものシュラウド幅削減

オールニューでない部分は、エンジンとホイールのみ。まさに4年に一度のフルモデルチェンジと言える、ドラスティックな変更を受けた。特徴的なナローフレーム、それにマッチングされた新型スイングアーム…これだけで2kgの軽量化がなされているのだと言う。

画像2: スーパースリム、17.7mmものシュラウド幅削減

実に、前モデル比17.7mmのスリム化。かなり大きくこの違いをライディングでも感じ取れるはず。

画像3: スーパースリム、17.7mmものシュラウド幅削減
画像4: スーパースリム、17.7mmものシュラウド幅削減

スイングアームを含めた骨格から、ナローに設計しなおされたボディーワークこそ、21モデルの究極の変更点といえるかもしれない。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.