走行後にその場でバイクを洗うなら洗車機は必需品。でも洗車機って一人で持ち運ぶにはちょっと重かったり、車内で場所をとってしまいますよね。それに値段も安くはないのでなかなか手が出しづらいユーザーも多いのではないでしょうか。そんな悩んでいるユーザーにオススメな洗車機をOff1.jp編集部ワタナベが実際に使ってみました。軽さ・コンパクトサイズ・十分なパワーを兼ね備えたこの高圧洗浄機はまさに洗車革命ですよ。

組み立てだってとても簡単

洗車機は水源を水道か貯水タンクから引き込みますが、今回はOff1.jp自慢のオグショーキャラバンに装備している貯水タンクから水を引いて使ってみました。これなら場所を選べずどこでも洗えちゃいますね。

画像1: 組み立てだってとても簡単

車と繋ぐにはホースを差し込むだけ。今回はホースサイズが合わなかったため付属品ではなく一般的なホースを使用しています。

画像2: 組み立てだってとても簡単

本来のホースはこちら。水道から水を引いて使う際にはこれを使います。

画像3: 組み立てだってとても簡単

あとはガンと本体を繋いで組み立て完了。要した時間は5分程。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.