走行後にその場でバイクを洗うなら洗車機は必需品。でも洗車機って一人で持ち運ぶにはちょっと重かったり、車内で場所をとってしまいますよね。それに値段も安くはないのでなかなか手が出しづらいユーザーも多いのではないでしょうか。そんな悩んでいるユーザーにオススメな洗車機をOff1.jp編集部ワタナベが実際に使ってみました。軽さ・コンパクトサイズ・十分なパワーを兼ね備えたこの高圧洗浄機はまさに洗車革命ですよ。

洗車前の汚れ具合をチェック

画像4: 半年間で100台売れたエンジン式洗車機、その理由は使ってみたら納得だった
画像5: 半年間で100台売れたエンジン式洗車機、その理由は使ってみたら納得だった
画像6: 半年間で100台売れたエンジン式洗車機、その理由は使ってみたら納得だった
画像7: 半年間で100台売れたエンジン式洗車機、その理由は使ってみたら納得だった

天気が雨ということもあり、ちょっと走っただけでもこの汚れ具合。洗車の甲斐がありそうですね。

洗車スタート

画像8: 半年間で100台売れたエンジン式洗車機、その理由は使ってみたら納得だった
画像9: 半年間で100台売れたエンジン式洗車機、その理由は使ってみたら納得だった

車の貯水タンク容量は60L、吐出水量は6.0L/minなので使用時間はおよそ10分程。実際に使ってみるとコンパクトなサイズにも引けをとらない水の勢いで汚れもスムーズに落ちます。ガン自体も軽くて持ちやすく、先端のノズルを回せば勢いの調節も可能です。

画像10: 半年間で100台売れたエンジン式洗車機、その理由は使ってみたら納得だった
画像11: 半年間で100台売れたエンジン式洗車機、その理由は使ってみたら納得だった
画像12: 半年間で100台売れたエンジン式洗車機、その理由は使ってみたら納得だった
画像13: 半年間で100台売れたエンジン式洗車機、その理由は使ってみたら納得だった

ほら、ピカピカでしょ?

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.