すでに海外発表を報じたヤマハのモトクロス/クロスカントリーマシンの21モデルが、日本国内でも発表。モンスターエナジーエディションも、日本で展開されることに。

モデルチェンジされた、シリンダーヘッド

画像1: モデルチェンジされた、シリンダーヘッド
画像2: モデルチェンジされた、シリンダーヘッド

ヤマハ独自の構造である、後方排気エンジンはこの21モデルで新しい世代へ。20モデルにおいてYZ450Fがシリンダーヘッドを変更したのと同様に、このタイミングでシリンダーヘッドを改良する。見た目には昨年の450ほどの差異はないが、吸気ポート変更によって混合気の吸入量を増加させ、カムプロフィール変更によってワークアングルのオーバーラップを減らし、出力向上。中・高回転域やオーバーレブ領域でのパワー感、加速感の持続を照準に絞ったとのこと。

画像3: モデルチェンジされた、シリンダーヘッド

特に追求されたのは吸気システム。エアクリーナーボックスのキャップケースにダクトを開け、吸入効率を向上。さらに内部のファンネル廃止と吸気の管長をショート化した。

画像4: モデルチェンジされた、シリンダーヘッド
画像5: モデルチェンジされた、シリンダーヘッド

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.