すでに海外発表を報じたヤマハのモトクロス/クロスカントリーマシンの21モデルが、日本国内でも発表。モンスターエナジーエディションも、日本で展開されることに。
画像: YZシリーズ21年モデルが、国内発表。ニューモデルYZ450FXは102万円

YAMAHA
YZ450FX MY2021

画像1: YAMAHA YZ450FX MY2021

1,122,000円(本体価格1,020,000円/消費税102,000円)
10月30日発売

おおまかに、シリンダーヘッドのアップデート、およびフレームに見直しがかけられた形。

画像2: YAMAHA YZ450FX MY2021

昨年モデルの変更タイミングで、シリンダーヘッドを改良したYZ450Fに追随。アルミ鍛造ピストン、シリンダーヘッドを新設計し、燃焼室をコンパクト化することで13.0:1の高圧縮比に。細部を含む、フルモデルチェンジに近いレベルでのアップデートを受けたYZ450FX。C向けにFX専用チューニングを施した前後懸架ブラケットで剛性バランスを調整。

スペシャルモデルはさらにブラック多めのモンスターエナジー外装(日本導入は、不明)。

サスペンション、ブレーキのアップデートはYZ250F MY2021に準じ、セッティングをXC向けに。

画像3: YAMAHA YZ450FX MY2021
画像4: YAMAHA YZ450FX MY2021
画像5: YAMAHA YZ450FX MY2021

コンパクトなシリンダーヘッドは、圧倒的なライディング中のライトフィーリングに繋がる。ニューモデルも、ウッズなどでの軽快さが期待される。

登録型式/原動機打刻型式BEX4/J349E
全長×全幅×全高2,175mm×825mm×1,280mm
シート高955mm
軸間距離1,480mm
最低地上高320mm
車両重量115kg
原動機種類水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列単気筒
総排気量449cm3
内径×行程97.0mm×60.8mm
圧縮比13.0:1
始動方式セルフ式
潤滑方式ウェットサンプ
エンジンオイル容量0.90L
燃料タンク容量8.2L(無鉛プレミアムガソリン指定)
吸気・燃料装置/燃料供給方式フューエルインジェクション
点火方式TCI(トランジスタ式)
1次減速比/2次減速比2.608(60/23)/3.846(50/13)
クラッチ形式湿式, 多板
変速装置/変速方式常時噛合式5速/リターン式
変速比1速2.416/2速1.733/3速1.312/4速1.050/5速0.840
フレーム形式セミダブルクレードル
キャスター/トレール27°10′/116mm
タイヤサイズ(前/後)80/100-21 51M/120/90-18 65M (前後チューブタイプ)
制動装置形式(前/後)油圧式シングルディスクブレーキ(前後)
懸架方式(前/後)テレスコピック/スイングアーム(リンク式)

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.