via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
オフロードバイクを本格的に楽しむとなると、泥や土にまみれる。さらには、スポーツ性が高くなって、ツールであるマシンやギヤと肌が擦れることも多い。他の過酷なスポーツと同様に、肌に関してのトラブルは少なくないのだ。そこで、話題になりつつあるのが、多目的なスポーツ用に開発された皮膚保護クリームプロテクトJ1である。今回は、トップライダー鈴木健二に、試しにつかってもらった。

皮膚を保護する新発想

画像: 皮膚を保護する新発想

アースブルー
プロテクトJ1

あらゆるスポーツ向けに、皮膚を保護する目的で開発されたクリーム「プロテクトJ1」。激しい靴擦れをともなう縦走系の登山や、サドルとの擦れが悩ましい自転車などで、どんどんシェアを伸ばしているとのこと。

画像: アースブルー プロテクトJ1

薄くのばすことで、皮膚にバリアのような皮膜ができる。いわば、薄い見えない手袋をしているような感覚だと言えるかもしれない。

画像: earth-blue.jp
earth-blue.jp

実際に、角質層にプロテクトJ1が浸透することで、保護膜が形成されている。このJ1には、姉妹商品のX1、X2があって、こちらは医療や工場などで非常にシェアが高い。

SUPPORTED BY

ヤマハのサイトはこちら スズキのサイトはこちら ホンダ FUMA+1のサイトはこちら GOSHIのサイトはこちら DIRTFREAKのサイトはこちら KTMのサイトはこちら Technix

SPECIAL THANKS

ポカリスエットのサイトはこちら アライヘルメットのサイトはこちら

This article is a sponsored article by
''.